西島秀俊、斎藤工のプライベートを明かして深まる“天然キャラ疑惑”

 俳優の西島秀俊が10月27日、株式会社バンダイが主催する「NARIKIRI WORLD」のオープニングセレモニー&トークショーに出席。ヒーローたちの変身アイテムに触れる中で、“ある俳優”のプライベートを暴露してしまうひと幕があった。

「NARIKIRI WORLD」は「仮面ライダー」の変身ベルトをはじめ、さまざまな「なりきり玩具」をテーマにしたリアルイベント。西島は10月28日からAmazonプライム・ビデオで全世界配信される特撮ドラマ「仮面ライダーBLACK SUN」で主演を務めていることから、仮面ライダーBLACK SUNの自動変形変身ベルト「COMPLETE SELECTION MODIFICATION 変身ベルト 世紀王サンドライバー」のお披露目に立ち合った。

 ほかにも舞台上で「なりきり玩具」が披露されると、西島はその中から俳優の斎藤工が主演を務め、自身も出演した映画「シン・ウルトラマン」の変身アイテム「ベーターカプセル」を手に取り「変身したかったなあ」とポツリ。その後もベーターカプセルを触りながら、「この前、東京国際(映画祭)の(『仮面ライダーBLACK SUN』の)1、2話お披露目の時に斎藤工くんがお忍びで観に来てくれていたっていうのを後で聞きました。本人が公表しているかわからないですけど。いいのかな、言って」と明かしていた。

 ネット上ではこの西島の発言に対して、《言っちゃだめじゃね?》《口は災いの元だぞ》《言っていいかどうかの発言なんて、公でやめようよ~》《西島さんも天然ぽいからな》《あんまりこういうこと笑顔でやってると、ポンコツ扱いされる》など苦言が続出した。

「西島は、やや天然気味な一面があるようで、素の時はたびたび“天然発言”をしています。19年公開の映画『空母いぶき』の初日舞台挨拶では、昼間なのに開口一番『皆さん、こんばんは。あ、違う、こんにちは』とボケて笑いを誘っていました。同年公開の映画『任侠学園』の完成披露イベントでは、反社会勢力の役を演じたことについて語る一方で、共演した強面の俳優・白竜について『白竜さんとか、本物の‥‥』と口を滑らせ、会場の笑いを誘っていました」(芸能記者)

 今回の件でさらに天然キャラ疑惑が深まりそうだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング