初デートで男性が「次のデートはないな…」と呆れる女性の行動とは?

 初めてのデートって、何度経験してもドキドキしてしまいますよね。そんな初デートで、男性はあなたが恋人として相応しいかを見極めようとします。ここで大きなミスをしてしまうと、残念ながら彼女になるどころか、2回目のデートにすら誘ってもらえません。では、男性が幻滅してしまうのはどんな行動なのでしょうか。

■食べ方が汚い

 食べ方には育った環境や性格など、いろいろなものが反映されます。初デートでは食事を一緒にとるでしょうから、ここでのミスは致命的。マナーなどを気にし過ぎる必要はありませんが、せめて、落ち着いて上品に食べるようにすべきでしょう。また、どんなお店に誘われたとしても、美味しそうに食べる姿は男性を喜ばせますよ。

■距離の縮め方が急

 2人で出かけたとはいえ、まだお互いの距離はそこまで近くないはず。距離の縮め方が急過ぎる女性は、男性から「軽い女」と見られやすくなってしまいます。当たり前のように手を繋いだり腕を組んだりするのではなく、少しためらいがちな雰囲気を出した方が可愛さを演出できますよ。

■彼女のように振る舞う

 デートに誘ったら、「いきなり彼女面をされた」と困る男性の声をよく聞きます。初めてのデートはあくまでもお試しの時期。まだ見定められている途中だということは忘れずに、緊張感を持って過ごしましょう。付き合う前から馴れ馴れし過ぎる接し方をしていると、誰にでもそういう風にしているのではないかと疑いを持たせてしまいます。

 初めてのデートでは、緊張してしまって失敗するかもしれません。ですが、致命的なことさえしなければ大丈夫です。男性に奢ってもらったらきちんとお礼を言ったり、楽しいことを口に出したりするなど、最低限のことができていれば、次のデートのお誘いもきっとありますよ。

大山奏(おおやまかなで) 大学で心理学を専攻し心理カウンセリングを学ぶ。心理学を恋愛やライフスタイルに応用して楽しむ方法をいつも考えている。アロマテラピスト、カラーセラピスト、整体師でもある。多くの媒体で恋愛コラム、ハウツーを執筆中。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング