武井壮の新しい「肩書き」がとんでもないことに!本人もビックリ

 タレントの武井壮が12月14日、ツイッターを更新。新しい“肩書き”をいただいたことを報告した。

 武井は「ぉぉ、肩書きが『お笑いタレント』になっている、新しい肩書きを頂いた」と驚きの報告。ツイートには「スポニチアネックス」の記事が貼り付けられており、それには「お笑いタレント武井壮(47)が……」とあった。「スポニチ」の記事は13日に開催されたスポーツの試合で武井が熱狂したことを報じていたが、お笑いに関する要素はなかった。

 このツイートに対して、「お笑いスポーツタレントかな」「お笑いとは思ったことなかったですね」「マルチタレントですね」「武井壮はもう新しいジャンルですよ」などと、意見はさまざま。それほど武井の肩書きを1つにまとめることは難しいようだ。

「武井は元陸上競技選手で、日本陸上競技選手権大会の十種競技で優勝したこともあります。今でもトレーニングを継続し“百獣の王”を目指す男としても知られています。一方、バラエティ番組のコメンテーターとしても活躍。鋭い切り口に加え、ときにはユーモアに満ちた発言もすることから“お笑いタレント”を連想させたのかもしれません。また、今年9月15日放送の『チマタの噺」(テレビ東京系)に出演した武井は、タレントとしてデビューする直前、お笑いトリオを組もうとしていた過去を告白。結局、お笑いトリオを組む計画は頓挫しましたが、武井はお笑いにも興味があったことは間違いありません』(芸能記者)

 タレント、元陸上チャンピオン、百獣の王、お笑いタレント……。今後も武井の肩書きは増えていくかも。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング