ママの運動不足を改善する0歳児赤ちゃんとの遊び方

 1歳を迎えるまでの赤ちゃんは、多くの場合まだ走り回ることがないため、ママはあまり激しく体を動かさずに赤ちゃんと遊ぶことができます。

 一方で、産後に体力を回復して育児に慣れてきた頃からは、ママも産後ダイエットやストレス解消のために、心地よく体を動かす時間を作りたいですよね。赤ちゃんがお座りやズリバイをし始めたら、次のような遊びでママの運動不足を改善しましょう。

■赤ちゃんと同じ体勢で動き、追いかけっこ

 赤ちゃんがズリバイをしたらママもズリバイを、赤ちゃんがハイハイをしたらママもハイハイをして追いかけっこを楽しみましょう。ママが立っているとすぐに赤ちゃんの動きに追いつきますが、ズリバイやハイハイではなかなかそうは行きません。赤ちゃんに追いついたらタッチしたり、ギュッと抱きしめたりすることで、赤ちゃんとのコミュニケーションを楽しめますよ。赤ちゃんの目線で動くことで、赤ちゃんの世界を体験でき、さまざまな発見もありそうです。

■赤ちゃんを足に乗せて電車ごっこ

 ママが足をまっすぐ伸ばして座り、赤ちゃんを太ももの上に前向きに座らせてあげましょう。そのまま左右交互に、少しずつ腰を前にずらして前進します。歌を歌ったり、「ガタンゴトン」と電車の音マネをしたりしながら、リズミカルに前進。腰をひねりながら進むようにすると、お腹周りのシェイプアップにも役立ちます。

 まだ座った状態でのバランスに不安がある場合は、足を真っ直ぐに伸ばすのではなく、あぐらをかいて中に赤ちゃんを座らせてもOK。赤ちゃんが倒れてしまうことのないように、しっかり包み込んであげましょう。あぐらをかいた状態でも同様に、左右交互に少しずつ腰を前に出して進みます。

 1回だけなら簡単でも、5~10分本気で赤ちゃんと遊ぶと、息が上がることも。ママの体調や赤ちゃんの様子をしっかりみながら、安全に続けられる強度やスピードで取り組んでください。

 また、赤ちゃんだけでなく、ママも怪我をしないよう、周りにおもちゃが落ちていないかなどの安全確認をして楽しんでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング