前かがみで仕事してない?テレワーク時の“腰椎椎間板ヘルニア”予防策

 テレワーク中のパソコンを打つ姿勢、前かがみになっていませんか?

 自宅では会社にあるようなオフィスワークに適した机と椅子がなく、簡易的なものを利用しているので、姿勢が悪い状態で作業をしているというのはよくある話。でも、前かがみの状態で毎日長時間の作業を行っていると、腰痛はもちろん、“腰椎椎間板ヘルニア”という大きな病気になる恐れもあるのです。

 腰椎椎間板ヘルニアと聞くと「高齢者がなる病気では?」と思うかもしれませんが、実は、製薬会社の生化学工業が実施したアンケート調査によると、腰椎椎間板ヘルニアになった人は、男女とも30代が最も多く、20~40代が約7割を占めているのです。

 また、ヘルニアになると、足の痛みやしびれ、腰痛が起きますが、その痛みは「冬の寒い時期に悪化する」と答えた人が45.3%にも上っています。ですから、まだテレワークが続いている人は、気温が低い日もあるこの時期、腰痛やヘルニア予防を意識して過ごしたいものです。

 ヘルニアの世界初となる注射薬「ヘルコニア」を開発した生化学工業が2月中頃に実施した『腰椎椎間板ヘルニア実態&治療プレスセミナー』では、慶應義塾大学医学部整形外科講師の岡田英次朗さんが登壇。岡田さんによると、腰椎椎間板ヘルニアの原因として大きいのは、腰椎に大きな負担がかかる動作なんだとか。それが、「前かがみの姿勢」、「前かがみになって荷物を持ち上げる動き」というのです。

 とくに前かがみの姿勢は、「デスクワークの人がなりやすいので要注意」と岡田さんは述べています。テレワークで机の高さが合っていないなど、悪い姿勢を長時間続けると、腰椎に知らず知らずのうちに負担がかかり、ヘルニアのリスクが高まります。そうならないために、腰椎への負担を避けるための対策をチェックしておきましょう。

■座るときは背筋を自然と伸ばし、背もたれと腰との間にこぶしが1つ入るくらいにする。また、下腹を軽く引き締め、腰と太ももの角度をほぼ直角にして足裏がぴったり床につく高さにする。

■前かがみにならないよう、頭から坐骨の位置をまっすぐにするように心がける。

■テレワークの場合は、PC 画面を目の高さにしたり肘の高さに合うようにデスクの高さを調整したりするなど、できる限りオフィスと近いような環境を整える。

 これらの姿勢は、腰痛予防にもなるので、すでに腰痛を感じている人は、とくに意識して取り入れてみましょう。

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング