ヒロミきっかけで中居正広がSixTONESジェシーに激怒した驚きの理由

 ジャニーズタレントの歴史をひも解くうえで欠かせないキーマンは多い。そのひとりに、ヒロミがいる。およそ23年前、ジャニーズJr.のリーダーだった滝沢秀明(現・ジャニーズ事務所副社長)を中心に、山下智久や生田斗真、のちに嵐、関ジャニ∞となる面々がゴールデンタイムで初レギュラーを務めた伝説のバラエティ番組「8時だJ」(テレビ朝日系)で司会を務めた“兄貴”だ。

 それぞれが出世したあとも、一部の出演者とは交流が続いた。同じ東京都八王子市出身の滝沢とは、「有吉ゼミ」(日本テレビ系)で“八王子リフォーム”を結成。棟梁(ヒロミ)と弟子(滝沢)の師弟関係は、滝沢が芸能界を引退する18年末まで続いた。

 滝沢が去ったあと、2代目弟子として19年5月からそのポストに収まったのは、SixTONESのジェシー。現在は、「正社員」の肩書きに昇格した。この2人のやり取りをテレビで観て怒ったのが中居正広だ。

 中居はヒロミに「なんすか、あれ。何やってんすか。ジェシーが『ちーす』とかやって、普通、怒るでしょ」と訴えたという。ヒロミは「怒らないよ」と冷静に返したそうだが、中居は「それだったら俺たち(の時代)は一体なんだったんだーっ」と悔しそうにあきれたという。

 ヒロミは80年代、コントトリオ「B21スペシャル」として活動していた。アイドル的人気を博し、誰に対しても生意気で、媚を売らず、イケイケでも許された時代。やんちゃ坊主がそのまま大きくなったような存在だったヒロミは、後輩芸人やタレントから恐れられた。SMAPとして駆け出しの新人だった中居は、気安く話しかけることなどできなかった。

 ところが、24歳のジェシーは“暴君ヒロミ”を知らない。「ヒロミさーん!」と無邪気に話しかけ、友だち感覚で「うぇーい!」とふざける。ヒロミも、息子の小園凌央と同世代のジェシーを叱ることはしない。

「新旧ジャニーズの歴史を知ることとなったヒロミの元には、多くのファンレターが届くそうです。『中居くんによろしく』『滝沢くんによろしく』『○○君を頼みます』など、推しジャニを応援する内容のものばかりだとか」(芸能関係者)

 気づけば、10代から40代までのジャニーズタレントを網羅しているヒロミ。今後もますます“棟梁”のファンは拡充しそうだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング