マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

 ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよね」と、ついメイクが手抜きぎみに。しかし「2時間だけリモート会議」「朝夕は子どもの送り迎えで保育園へ」など、人目に触れる機会がゼロになるわけではありません。老け込みたくないけど、きっちりメイクするモチベーションも上がらない……そんな悩みを抱えている大人の女性、多いのではないでしょうか?

◆気になるマスク下のメイク崩れ。でもメイクの手抜きはシミやしわの原因に……

 メイクでキレイになるのは本来楽しいことなのですが、ステイホームがはじまってから「休校や家族の在宅勤務で、家事が増えて忙しくなった」という女性の声が多いのも事実。仕事や食事の準備にバタバタ追われ、人と会う機会が減っていけば、「メイク=面倒」と感じてしまう気持ち、とてもよくわかります。そこにきて、最近はマスクを付けたり外したりする生活。「メイクが崩れやすくなった」というお悩みも。

 また、マスクで半顔が隠れるとはいえ、日常のなかでも浴びてしまうのがシミや肌の乾燥につながる紫外線です。「マスクしているからいいや」と、メイクの手抜きを習慣にしてしまうと、美意識がキープしづらくなるだけでなく、気づけばシミやしわが前より増えた……なんてコワイことにもなりかねません。

⇒マスクをするとメイクが崩れやすい…そんなお悩みにはコレ

◆今の時代にぴったりのベースメイクとは?

 そう考えると、ニューノーマルな時代のメイクは「忙しくても手軽に使える」「キレイ肌に役立つ」「マスクでも崩れにくい」といった3つのポイントを押さえているのが理想的。それらを兼ね備えるベースメイクの有力な選択肢は、“クッションファンデーション”ではないでしょうか。

 というのも、クッションファンデーションの優れたところは、下地が要らない手軽さと自然なカバー力。しかも密着度が高いので、崩れにくいという良さがあります。洗顔後、スキンケアを終えてから「ポンポンポン」と顔に乗せるだけなので、手間もかかりません。これならメイクがおっくうに思えるときでも、30秒もあればササッとベースメイクが終了です。

 もちろんクッションファンデーションにも種類がいろいろありますが、「キレイ肌」という点でおすすめなのがSNSで話題の“美女クッション”です。

⇒SNSで話題の「美女クッション」とは?

◆薄づきなのに、お肌の「アラ」が隠れてツヤも出た!

いくら手軽でも、塗るときにうまくファンデが乗らないとムラになってしまいますが、美女クッションはリキッドとクリームの中間のような感じで、もしカサつきがあっても乗りが良さそうな感触。コンパクトに附属しているつるんとしたパフにつけて、ポンポンとつけてみたところ、特別なテクニックを使ってないのに自然なツヤが…!

 スキンケアのあとにすぐ使える下地要らずで、SPF値は50+&PA++++! 毎日の日焼け対策には十分すぎるほどですし、目のまわりのシミやくすみなど、隠したいところは薄く重ねづけすると自然にカバーできます。コンシーラーも要りません! つけた感じはさらっとしっとり、お肌の凹凸もちょうどよく隠れて、あっという間にベースメイクが終了しました。

◆これだけあればいいので、化粧ポーチがすっきり軽く

 塗り直し用の日焼け止めとか、乾燥対策の美容液とか、ごちゃごちゃとしていた化粧ポーチの中も美女クッションに変えたら中身が減ってすっきり。ふだんの外出はもちろん、出張や旅行の場面でも荷物が減らせるのは嬉しいポイントです。スポーツジムで汗をかいた後など、しっかりメイクし直すのは面倒でしたが、これならお直しもサクッとできそう。また、意外と高ポイントだったのが強すぎないローズの香り。ふとした瞬間に優しい香りがマスクの中にふわりと漂うと、ホッと気分が癒やされます。

◆オンラインやマスク時の「映え顔」って?

 ちなみに美女クッションには、ファンデだけでなくクッションチークも。ファンデの上につけるとなじみも良く、仕上がりも自然。オンラインミーティングでは、意外に顔色が気になるものですが、これをポンポンと乗せると血色が良く見え、画面映りも向上。マスクをするときも、ほお骨の少し上、マスクからちらりと見える場所にチークを乗せると半顔でも表情が明るく見えるみたい。

 また、サンブロックルーセントパウダーもなかなかの優れモノ。ファンデの上に重ねるとマスクへの色移りを防げますし、肌のくすみや色ムラがパッと飛びます。紫外線カット効果もあるので、1日中家にいる日はファンデをお休みしてパウダーだけ、というのもアリかもしれません。

 ファンデの色味はナチュラルベージュを基本に、日焼けした健康的な肌色ならナチュラルオークルと選ぶのもシンプルです。クッションファンデ単体でも手に入りますが、チークやパウダーとのセットもありました。どれもWEB限定割引があるので、初めてお試しするのも気軽です。

 こういう時代だからこそ、キレイな自分でいられると気分も上向きに。家にいても、マスクをつけて外に出るときも、手軽にごきげんになれる、ニューノーマルにちょうどいいメイク、ぜひ見つけてみてくださいね。

⇒今なら初回限定割引を実施中。気軽に試してみて!

Sponsored by 銀座ステファニー化粧品株式会社

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング