冨永愛「1年に2回まで」の食べ物を満喫「幸せそう」「おめでとう」の声

 モデルの冨永愛が5月29日に自身のインスタグラムアカウントを更新し、今年に入ってからは初となるラーメンを堪能する姿を公開した。

 この日、冨永は「ついに! 2021年第一回目のラーメン」と書き出し、カウンターで嬉しそうにラーメンの麺をよそっている最中の写真をアップ。貴重な2021年の初ラーメンについては「出張で行った新潟県長岡市の青島食堂本店 生姜醤油ラーメン!」だとし、「麺はツルッとコシがあり、あっさりながらもコクのある生姜醤油スープに合う~」と味の感想を綴った。

「179センチの長身を誇り、世界で活躍してきたトップモデルの冨永は、食事に対する意識の高さでも知られています。ラーメンは糖質を多分に含んでおり、脂質や塩分も高くなりがちで、それでいてタンパク質は低め。普段はジムでハードな身体作りのトレーニングに励む彼女からすると、あまり頻繁に食べることははばかられるメニューなのでしょう。

 昨年も、7月の時点で『今年2回目のラーメンをいつ食べようか考えている』と綴るなど、ストイックな食生活は今も昔も変わらずに継続中。コメント欄には『ついに今年初のラーメン、おめでとうございます』『良かったですね! 満面の笑み。幸せそう』『嬉しそうに食べる姿に、私もなぜか嬉しいです』との反応があったほか、ネットでは『自分にルールを課して実行してるのは、さすが世界のファッション界で活躍するプロです』『自分にストイックだから、いつまでも世界的に活躍できる冨永愛でいられるんですね』などとプロ意識の高さに驚く声も出ています」(テレビ誌ライター)

 年に2回という頻度でありながら、脂っこいスープのものではなく、あっさり系の醤油ラーメンを選んでいる点にも「年2なのにチャーシュー麺にしないところが凄い」「2回なのになかなか渋いチョイス」との指摘が集まった。

 15歳の頃からモデルとしての活動を開始し、芸歴23年となる冨永。奇しくもラーメンは好きな食べ物の筆頭だというが、そんな大好物を年に2回に封印してまで身体作りを優先する姿勢には、ファンもただただ感心するしかないだろう。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング