山崎賢人、「TOKIOカケル」で披露した「ポンコツ火おこし」に胸キュンの歓声

 6月30日放送の「TOKIOカケル」(フジテレビ系)にゲスト出演した山崎賢人。スタジオの中でテントを張ってハンモックをつるし、火を囲む「キャンプセット」のなかでのトークとなった。キャンプ経験は、子どもの頃に友人の親に連れていってもらったことがあるくらいしかないと言う山崎は、「大人になって、趣味みたいなのが映画観たりとか漫画読んだりとか、インドアになっちゃってたんで、ちょっとアウトドアを積極的に取り入れたい」と思うようになり、現在は「キャンプにすごい興味がある」と明かした。

 スタジオ中央に用意された「たき火セット」の中から、ファイヤースターターと呼ばれる道具や火打石を使って初めての「火おこし」に挑戦した山崎だったが、なかなか火が点かず汗だくに。それでも目を輝かせながら「楽しい!」を連発。なんとか火が点くと「うれしいっすね!」と極上の“賢人スマイル”を見せたため、共演していたTOKIOの面々とお笑いコンビ・オアシズからも「僕らもうれしいよ」「感動やね」と喜ぶ声があがった。

「なかなか火をおこせなかった山崎に対し、ネット上では『このポンコツ感がたまらない!』『火がつかなくてダク汗かいてる賢人が愛おしい』『賢人のガチ汗を見られるなんて眼福』など、歓声が起きています。6月24日放送の「VS魂」(フジテレビ系)でも、国宝級イケメンの吉沢亮が、足元から吹き出すガスに驚いてコケたり、アーチェリーをしても1本の矢もターゲットに当てられなかったりと、ポンコツ感のある素顔を披露して話題になったばかり。イケメンの『できないところ=ポンコツ感』を目の当たりにすると、多くの女性は母性本能をかき立てられてキュンとするようです」(女性誌記者)

 イケメン×ポンコツは最強の組み合わせなのかもしれない。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング