中島健人「かのきれ」で魅せるツンデレ演技は「こいつづ」仕込み?

 人気グループ・Sexy Zoneの中島健人と女優・小芝風花がW主演するドラマ「彼女はキレイだった(かのきれ)」(フジテレビ系)の第1話が7月6日に放送され、中島健人の冷たい貴公子ぶりにネットでは早くも称賛コメントが寄せられている。

 韓国の大ヒットドラマのリメイクとなる本作。冴えない少年からイケメンエリートになった長谷部宗介(中島)と、優等生の美少女から無職の大ピンチ女子になった佐藤愛(小芝)のすれ違う初恋を描く胸キュンラブストーリー。第1話ではバイトをクビになった愛が、就職が決まり出版社に行ってみるとファッション誌「ザ・モスト」日本版の副編集長として中島演じる宗介が登場。愛だと気がつかない宗介は、愛に対してひどい態度で接してしまう“塩展開”。

 そんな中島の冷たい貴公子ぶりに、ネットでは「初めて見たけれど細かい仕草とか全部かっこいいわ。これがSexyというものか!」「安定のケンティなのに演技めちゃくちゃ上手くなってた!」といったコメントが書き込まれている。

 さらに翌7日、中島は女性誌「anan」で表紙とグラビアに登場。艶やかなボディを披露している。

「グラビアのタイトルは、『夢から覚めぬ夢』。密やかな恋人同士の時間はもちろん、夜が明けた後も幸せが続く。そんな恋心をくすぐる映画のようなシーンの連続。中島自身も『チャレンジするからには何10年も語り継がれるような衝撃作にしたい』と意気込みを語っていました。発売日の7月7日とかけて『ananというMilky Wayの中で僕という彦星を抱いて』と甘いコメントで締めくくっています」(女性誌記者)

 中島のツンデレぶりを見て、思い出すのはドラマ「恋はつづくよどこまでも」(TBS系)で「魔王」と恐れられた佐藤健演じる天堂浬ではないか。

「2019年、中島は番組『ぐるナイ』(日本テレビ系)での共演がきっかけで、千鳥のノブから声を掛けてもらい佐藤健と食事をする機会がありました。その席で中島は『るろうに剣心』シリーズの撮影秘話を始め、演技する際の気持ちの持っていき方など芝居のアドバイスを仰いでいます。『かのきれ』の演技にも、佐藤のアドバイスが活きているのかもしれません」(芸能ライター)

 果たして、「こいつづ」の魔王超えはなるのか。今後の展開に注目したい。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング