狭いキッチンでも諦めない!分別しやすい「ゴミ箱」設置3つのヒント

 生ゴミやペットボトル、プラスチック製容器包装など、複数の種類のゴミが集まりやすいキッチン。小さなゴミ箱ではすぐにいっぱいになってしまうし、大きなゴミ箱を分別用にいくつも設置するのはスペース的に厳しい……。そんな場合にオススメの、ゴミ箱や設置方法を紹介します。

■カウンターに縦型(タワー式)ゴミ箱を横付けする

 カウンターキッチンの場合、カウンターの横幅を伸ばすイメージでゴミ箱を横付けすると、使い勝手がよく収納スペースを圧迫しにくくなります。複数のゴミ箱を設置したい場合は、縦に積み重ねるタイプのタワー式に。キッチンカウンターと同じ高さのものを設置すれば、カウンターの作業スペースを増やし、ちょっとしたものを置いておくスペースとして活用することもできます。キッチン周りのスペースが広い場合に導入しやすい方法です。

■ゴミ箱用のスペースがある食器棚・レンジラックを使用する

 今ある収納家具を見直すことも、ゴミ箱を置くストレスを改善する一つの方法です。食器棚やレンジラックの中には、下段に引き出しなどをつけず、ゴミ箱を複数入れ込めるスペースが確保されているものがあります。ゴミ箱の上をデットスペースにせず、食器やキッチン用品を収納したい場合によいでしょう。

■壁掛けタイプを活用する

 床に置くタイプのゴミ箱を設置すると、作業スペースが狭くなったり、キッチンカウンター下の扉や引き出しが開けにくくなったりするという場合は、壁に取り付けるタイプのゴミ箱をチョイス。カウンターにぶら下げたり、コンロ横の壁に設置したりと、さまざまな活用法があります。掃除をラクにするために、床に直置きせず浮かせる収納にしたいという場合にもぴったりです。

 今ある収納スペースでは叶わないことも、設置場所の工夫や家具・ゴミ箱の選び方によっては克服できる可能性は大きいです。ゴミ箱を置けずに困っている、現状の収納方法では使いにくいという場合は、ぜひこれらを参考に、使用するものや場所を見直してみてはいかがでしょうか。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング