沢口靖子、「科捜研の女」第1話再放送の棒演技に“衝撃的”の声!

 9月3日に公開される沢口靖子主演映画「科捜研の女‐劇場版‐」を記念して、テレビ朝日(関東ローカル)でテレビドラマシリーズの「科捜研の女」全254話の中から厳選された20作品が放送されている。

 8月16日には1999年10月21日に初回放送されたシリーズ1の第1話「声紋は語る! 京都大文字の夜 謎の女が…」が再放送され、沢口の変わらぬ美しさを再確認して感激する声があがっているようだ。

 沢口演じる京都府警科学捜査研究所の法医学研究員・榊マリコは、本作がスタートしたシーズン1では、現在とは違ってとてもお転婆だったことから、ネット上では「マリコさんが初登場シーンでごみ袋に顔を突っ込んでて驚いた」「殺人現場に土足で入ろうとするマリコさん。今ではまったく考えられない行動にびっくり」「シーズン1の初回がいろいろ衝撃的すぎた」など、驚きの声があがっている。それと同時にシーズン1が放送された頃は使われていなかった「棒演技」という、稚拙な演技力を指す言葉をつぶやいている人も少なくないようだ。

「興味深いのは『棒演技』と指摘しながらも『でも、沢口靖子だから見ていられる』『安定の棒演技にほっこり安心感』『演技が上手いとかヘタとか、沢口靖子はそういうことを超越してる』『沢口さんの存在は唯一無二。演技がどうこうは関係ない』『有吉も言ってたけど、この浮世離れしてる感がいいのよ。演技なんてどうでもいい』など、沢口のことを高評価しているコメントが非常に多いことでしょう」(女性誌記者)

 今年2月3日放送の「ごごナマ」(NHK)では、プライベートでも「マリコの思考になってしまい、つい分析してしまう」ことがあると言い、友人からも「サワ、マリコさんみたいになってるよ」と指摘されたことがあると明かした沢口。これからも末永く榊マリコを演じ続けてほしい。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング