和田アキ子が提言!野外フェスでお酒を飲む観客への“対処法”に脱帽の声

 歌手の和田アキ子が9月4日放送のラジオ番組「ゴッドアフタヌーン アッコのいいかげんに1000回」(ニッポン放送)に出演し、8月29日に開催されて物議を醸している野外音楽フェス「NAMIMONOGATARI 2021」(波物語)について言及した。

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴う緊急事態宣言が発出されていた愛知県常滑市で行われた同フェスでは、観客の密集・密接状態や、酒類の提供があったとして、現在大きな批判を集めている。

 和田は同フェスに関し、「映像見ましたけど、ダメですね」と切り出すと「お客さん、行くほうも抑えないとダメですよ。1回こういう風になると、来年やる時に場所を貸さないよってなる」と参加する側のモラルにも言及。また、客へのアルコール類の提供があった点についても「(もしも)私がフェスに出させてもらったとして、(酒を飲む客を)見たら、歌っている途中でも『ちょっと飲まないでよ。飲んじゃいけないって言われてるんだから。ほかの人が迷惑になるよ』って私は言います。ほかにも見つけたら、その人たちが瓶とかコップとか缶を下に置くまで私は歌いません」と断言し、ステージに立つ演者としての在り方を語った。

「ルールを守らない観客が現れた場合の“ゴッド姉ちゃん”流の対処法を明かすと、ネットでは『なるほどね。そういう姿勢を貫いて実際に行動できることこそロックだと思う』『和田さんのそういうはっきりしたところ、今の時代に必要ですね』『それ、実践してほしい。ルールが目の前で破られたら俺は歌わないってカッコいい』と好意的な声があり、『酒豪の和田さんが言うと説得力ありますね。そもそも和田さん目当てのお客さんは絶対にルールを破ったりしない。和田さんに見つかりでもしたら‥‥』とする反応もありました。

 波物語では、出演者の1人であるヒップホップアーティストのZeebraも、現地の密集ぶりやマスクを外している観客が散見されたことを知ると、司会から着用を徹底させるよう指示し、自らもステージから注意したと告白。SNS上には、そうした影響力のあるZeebraからの声かけにより、『ハッとしてマスクつけてる人いてよかったです』とする参加者のツイートのありました。やはり、観客の性善説に頼るだけでなく、出演者による注意や声かけの徹底が効果的なのかもしれません」(テレビ誌ライター)

 和田から直接注意を受ければ、どんな観客もすぐにお酒を手放し、酔いも醒めるのでは?

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング