木村拓哉がB’z稲葉浩志を“キムタク節”で絶賛!視聴者は「名言」「中2病」と賛否

 俳優・木村拓哉が9月9日放送の「ニンゲン観察バラエティ モニタリング」(TBS系)に出演し、B’zのボーカル・稲葉浩志の才能に嫉妬したことを打ち明けている。

 木村は、全ての質問を7秒以内で答えなければならない「モニタリングセブン」の中で、お笑いコンビ・ブラックマヨネーズの小杉竜一から「木村拓哉が才能に嫉妬した有名人は?」と聞かれ、しばらく考えた後、「あー、やっぱ稲葉浩志さん」と答えた。

 歌手としても長く活躍してきた木村だが、稲葉に嫉妬する理由には「やっぱ、あの表現力は嫉妬しますよね。かっちょいいし」と説明。続けて、「松本(孝弘)さんのギターにタイマン張れるのは、やっぱり稲葉浩志しかいない」と語った。

「ほかにも、『カラオケで歌う十八番の曲』を聞かれると、ウルフルズの『バンザイ』を挙げるなど、普段ではなかなか聞けないプライベートでの木村の好みがうかがえるやり取りとなりました。稲葉についてはかねてより親交があることを明かしており、10年ほど前にハワイのローカルビーチで2人ともサーフィンをしていて偶然出くわしたことから意気投合。以来、対談の場で互いの印象を語り合うなどしてきました。しかし、『松本さんのギターにタイマン張れるのは、やっぱり稲葉浩志しかいない』『かっちょいい』との“キムタク節”には、『それな!』『確かにその通りだわ』『名言出ました!』といった好意的な反応だけでなく、『表現が中2病だな』『50間近でこんな言葉遣いはやめましょう。アホみたいですよ』『かっちょわるい』『もう少し、カッコいいおじさんになってほしかったな』『ダメだこりゃ』などとガッカリした人も多かったようです」(テレビ誌ライター)

 48歳となり、かつての美青年なイメージとは異なり、ダンディなオーラをまとい始めている木村。喋り方や言葉遣いについても、年相応の大人らしさを求める声もあるようだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  2. 196783

    新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

    「よし、今日からこれを習慣化させたい!」と思っても、それを実行に移すのは容易ではありません。これまでやってこなかったことを取り組むようにするには、高い意識が必要です。とはいえ、いつも高い意識でいるのは難しいですよね。そこ … 続きを読む 新しいチャレンジを継続させるために――まずはこれに取り組んでみて!

  3. 192828

    家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

    そろそろ本格的な秋冬シーズンがやってきます。気温が下がって空気も乾燥することから、風邪をひきやすい時期でもありますね。みなさんは、自分や家族の風邪予防のために日々どんな準備をしていますか?あまり知られていないかもしれませ … 続きを読む 家族の風邪に備えていますか――チェックしておきたい12項目とは?

注目キーワード

ランキング