「離婚してよかった!」と思う夫はどんなタイプ?

「コロナ離婚」という言葉が話題になりましたが、現実に「最近、夫との離婚を考えている……」という人もいるかもしれません。DVや浮気性、借金ありなどは典型的ですが、それ以外のささいなことでも、別れる原因となり得るようです。

 そこで、どんな人とは離婚したほうがいいのか、実際に「離婚してよかった!」と思えた夫のエピソードを紹介していきましょう。

■神経質過ぎる

 ある女性は、「別れた夫があまりに神経質だった」と明かしています。例えば、洗濯物を干すときに、ハンガーの向きをすべて同じ方向にそろえないと怒るというのです。また、食事の配膳のときに、フォークやナイフをテーブルの上に置くのがNGで、ペーパーナプキンの上に置くことになっていたとか。箸置きもダメだったようです。このように、夫があまりに神経質過ぎると気を使って苦しくなり、生活を共にすることはできませんよね。

■貧乏で向上心がない

「貧乏でも性格がよければ……」とはよくいわれますが、向上心がないと給料も上がっていかないので、向上心のありなしは大事かもしれません。実際、向上心のない貧乏男とは「離婚して正解だった」という女性もいるようです。

■妻の友だちをけなす

 ある女性によれば、夫は妻である自分に対しては優しいけれど、自分の友だちのことをよく思わず、常に悪口を言っていたそう。こういうちょっとしたことが積もり積もると、別れたくもなりますね。

 あなたのパートナーはどうですか? これから結婚する女性、そしてすでに結婚している女性は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング