生涯の記念に!「マタニティフォト」を自分で撮影するメリット

「マタニティフォト」といえば、写真スタジオなどで撮影する本格的なものをイメージする方が多いかもしれませんが、ご自身で撮影するケースも多いようです。マタニティフォトをプロに依頼せず自分で撮影することで、次のようなメリットがあります。

■費用を抑えることができる

 自宅で自身のカメラで撮影すれば、撮影料やデータ代がかかりません。衣装や一緒に撮影したいグッズなども自分で用意すれば、あまり費用をかけずにマタニティフォトを撮影することができます。

■恥ずかしくない、自然なショットが撮れる

 自分だけの空間、または家族だけの空間で写真撮影を行うことで、プロのカメラマンの前では自然な表情ができない人や、自身の体を見られるのが恥ずかしいという場合でも、気軽に撮影することができます。

■何枚でも、納得いくまで撮影できる

 プロに依頼する場合、衣装チェンジの回数や撮影枚数に制限があることがほとんど。その点、自宅で自由に撮影すれば、何枚でもチャレンジすることができます。

■プロに自宅に来てもらうという選択肢も

 自身で撮影するためには、カメラのセルフタイマー機能を使用したり、家族や友人にシャッターをお願いしたりすることが多いようです。一方で、自宅にプロを呼んだという人も。スタジオでは緊張してしまうけれど、自宅ならリラックスして取り組める人も多いようです。写真の質だけはどうしても落としたくない!という場合は、出張撮影サービスを利用してもいいですね。自宅だけでなく、思い出の場所に来てもらうロケーション撮影をすることも可能です。

 マタニティフォトを撮影すると決めたら、どこで撮るか、誰にお願いするかを決める必要があります。ぜひ、計画を立てるところから楽しんでくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング