岩田剛典「最新写真集」のコンセプトにファンザワザワ

 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE及びEXILEのメンバー・岩田剛典の4冊目となる写真集が発売されることが10月13日、発表された。

 最新の写真集はタイトル未発表、11月29日に発売予定で、撮影は前作と同じ俳優の永瀬正敏が務めている。19年に発売された前作「Spin」では日本各地で数万カットを撮影していたが、多くのファンから「もっと2人の世界を見たい」、「埋もれてしまった作品を世に出してほしい」といったラブコールが多数寄せられたという。そこで今作は前作で掲載しきれなかったカットを中心に、1日限りのシューティングで生まれた撮り下ろしも加えた構成に。

 岩田と永瀬は「いわば今作は“もうひとつのSpin”であり、あれからの2年間──新型コロナウイルスと人類の闘い──を経ての2人の積み重ね、“Layer”によって新たに生まれた作品です」とコメントを寄せた。

 しかし、ネットでは《人類とコロナの闘いと写真集は関係なくないか?》《コロナとの闘いはあんまり関係なくない?》といったコメントが殺到。さらに《ワクチン予約できなくて頭を抱えているショットとか、接種後に腕を痛がっているショットだったら笑える》《トイレットペーパーとマスク買えなくて店の前でイラついてるとかね》といった「新型コロナウイルスと人類の闘い」を表現したカットを予想する声も。

「永瀬は写真館をしていた祖父の影響で写真をはじめ、写真家としてのキャリアはすでに30年近く。これまで多くの写真展も開き、写真集も出しているほか、現在は朝日新聞デジタルマガジン『&[and]』で世界各地の風景や人物を切り取った写真コラムを連載中です。永瀬は19年の同サイトのインタビューで撮りたいものについて『いちばんの理想は、“思い”を撮ること』と語っています。また、写真については『本当に、自由に見てほしい。映画の時もそうですが、そのほうが楽しいんです。「え、そういうふうに思った?」という感想を聞かせていただくのが楽しくて』と答えていました。その永瀬が『新型コロナウイルスと人類の闘い』といった大仰なテーマで撮るとは考えにくい。出版社が売り出しのために考えたテーマかもしれません」(芸能記者)

 大仰な言葉も、宣伝としては効果ありといったところか。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング