格差は広がるばかり!セカオワのドームツアー発表にゲス極・川谷が涙目?

20160623gesu

 人気バンド・SEKAI NO OWARIがついにドーム級の超人気アーティストに登り詰めた。6月19日に公式サイトにて3都市5公演の「ドーム・スタジアムツアー2017」を発表したもの。ボーカルのFukaseがツアー開催をツイートしたところ、3万件以上もの「いいね!」が集まるほどの反響を呼んでいる。そんなセカオワ人気について音楽ライターが説明する。

「2014年末に紅白歌合戦で歌った『Dragon Night』が大きく話題になり、その勢いを駆って2015年は2枚のシングルでランキング1位と2位をゲット。Fukaseと益若つばさの真剣交際も世間に好感され、さらにはメンバー全員が熊本地震の復旧に汗をかいたことでバンドのイメージも大きく向上しました。これまでは、音楽性にクセがあるのでドーム級は難しいとの見方もありましたが、今や一般層にもその名前が浸透し、高い支持に繋がった形です」

 そんなセカオワに対して集客力の衰えを露呈しているのが、音楽面のライバルで友人関係にもある川谷絵音だ。「ゲスの極み乙女。」では武道館公演までこぎつけたものの、ベッキーとの不貞騒動が影響してか空席も目立っていた。しかも現在ツアー中の「Indigo la End」では、残る7公演のうち4公演がソールドアウトできていない状況だ。

「今回のツアーではキャパ1000~2000人の会場を使っており、この規模ならすべてソッカン(即日完売)を見込んでいたはず。しかし、川谷の不貞行為ですっかりミソを付けてしまい、アーティストにとって大事なライト層を取り逃してしまいました。いま会場に来ているのは以前からのファンがほとんどのはずで、夏に向けてファン層の拡大を狙うもくろみも崩れましたね」(前出・音楽ライター)

 どうやら川谷は自分がまいた種のせいで、自分自身にとっての「セカイノオワリ」を呼び込む結果になってしまったようだ。

(金田麻有)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング