この人は危険!水原希子がインティマシー・コーディネーター導入を提案したワケ

 女優の水原希子が、4月14日発売の「週刊文春」で、芸能界における性加害についての発進は、大きな反響を呼んだ。

 その中で、自身が主演したネットフリックス配信作「彼女」に、艶シーンにおける撮影サイドと演者の橋渡しをする“インティマシー・コーディネーター”の導入を提案した理由を4月21日発売の同誌で明かしている。

 それによると「彼女」のプロデューサーを務めた梅川治男氏が、導入発案のきっかけだったという。

 水原によると梅川氏は、撮影入り前の食事会で、出演女優の太腿に触れていたそうだ。そのハラスメントまがいの行為を目撃し「この人は危険だ」と思ったという。その後、すぐにネットフリックスにインティマシー・コーディネーターの導入を提案したそうだ。

 梅川氏といえば、性被害問題提議のきっかけとなった園子温監督の映画「愛のむきだし」や「ヒミズ」などの作品に携わった人物。梅川氏自身も性被害を訴えられていた。

「ネット上では、水原が導入したシステムに対し『インティマシー・コーディネーター導入は当然となることを願います』など賛同の声が多数書き込まれています。さらに水原に対しても『力強く応援しています』との声が。その反面、水原のルーツについて母親が韓国人であることに対する、心ない言葉も浴びせられています。水原は自身のSNSで『(中傷は)私が半分韓国だから…』と訴えました。芸能界の悪しき部分を、勇気を持って告発した彼女の、出自に対する中傷もハラスメントであると気付いてほしいですね」(女性誌記者)

 文春の取材に対し、梅川氏は回答していないという。プロデューサーとして、きちんと答える責任があるのではないだろうか。

Asa-Jo チョイス

  1. 138802

    スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

    この2~3年、恋愛関係で新たな出会いってありましたか?合コンはおろか普通の飲み会さえないし、趣味や旅先の出会いも皆無。仕事でも取引先とはオンライン、同僚ともたまにしか会わない。こんな状況で彼氏を探すなんてほぼ無理! じゃ … 続きを読む スマホで恋人探しってちょっと心配。独身・結婚願望有りの男性を見つける方法は?

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

注目キーワード

ランキング