「すずめの戸締まり」、興収最高発進も「劇場を“独占”の割には…」意外な分析!

 新海誠監督の最新作「すずめの戸締まり」が11月11日に公開され、13日までの3日間で観客動員数133万1081人、興行収入は18億8421万円を記録。同監督作品史上No.1の大ヒットスタートとなった。

 同作は、九州の田舎で暮らす女子高生・岩戸鈴芽が、災いをもたらす扉を閉める“閉じ師”と出会い、日本各地を旅していくロードムービーで、新海監督が得意とする華麗な情景描写を堪能することができる。

 2016年公開「君の名は。」が約250億円のメガヒットとなり、一気にブレイクを果たした新海監督。19年の「天気の子」も140億円を超える大ヒットを記録し、2作連続で興収100億円を突破したヒットメーカーとなったが、「すずめの戸締まり」はそんな2作をも超えるスタートを切ったことになる。というのも、公開3日間の観客動員数は、「君の名は。」との対比で138%、興収では147%、「天気の子」にも観客動員の対比が114%、興収114%と、いずれも「すずめの戸締まり」が上回っているのだ。また、同作の「満足度94.5%」という非常に高い数値を示したアンケート結果も出ている。

「封切り直後の初速を見れば、3作連続での興収100億円突破は既定路線のように思えますが、気になるのは、“劇場独占”“映画館ジャック”などと揶揄された上映回数の多さです。東京の新宿、渋谷、池袋の映画館では初日に33回もの上映を実施した劇場もあり、これは『天気の子』のおよそ1.5倍に相当。その割に同作との対比で114%という結果にとどまっており、ロングランヒットとなるかは微妙なところ。

 また、同じくコロナ禍に劇場をジャックした20年公開の『鬼滅の刃 無限列車編』が、公開3日間で46億円、最終的には404億円という前人未到の大記録を達成していた影響もあり、『すずめの戸締まり』の初速興収18億円には『映画館を独占しまくった割には大きな数字ではない』『12月には話題作が公開されて独占できなくなるから、100億円超えるかどうかも確実とは言えない』との指摘も散見されます」(テレビ誌ライター)

 一方で、別の海外作品を鑑賞したい客からは「これのゴリ押しのせいで観たいものが観られない」といった声も上がっている。

 そんな“逆風”も浴びる中、はたして3作連続の100億円突破は叶うのか。今後の推移に注目したいところだ。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング