加山雄三、史上最高齢紅白出場!思い出される紅白「伝説の“言い間違い”」

 年内でコンサート活動からの引退を発表した歌手で俳優の加山雄三が、大みそか恒例の「紅白歌合戦」(NHK)に特別企画として出場することが決定した。加山にとってこの舞台が最後のライブパフォーマンスとなる。また、85歳での出場は史上最高齢だ。

 1966年、「君といつまでも」で初出場を果たした加山はこれまで、同番組に17回出場。86年から88年は、3年連続白組の司会も務めた。その最初の年、白組トップバッターで初出場の少年隊の楽曲「仮面舞踏会」を「仮面ライダー」と言い間違えたのは、少年隊ファンの間で語り草になっている。

 紅白での言い間違いは加山だけではない。19年の紅組司会を務めた広瀬すずは「欅坂46」のパフォーマンスが終了後に「『乃木坂46』のみなさん、ありがとうございましたー」と、グループ名を間違える痛恨のミスを犯している。これには本人も相当反省したようで、その後、自身のSNSで謝罪した。

 20年の紅組司会を担当したのは、3回目となる綾瀬はるか。その冒頭挨拶で「紅組の司会は3回目となりますが」と言うところを「紅組の司会めは」としょっぱなからやらかし、GENERATIONSを紹介したときは「ジョネレ‥‥」と甘噛みしていた。

 同年、白組の司会をしていた嵐の櫻井翔は、「King Gnu」の紹介時、後輩グループの「King&Prince」が一瞬頭をよぎったのか「King&Gnu」といい間違えた。

 本職ではない司会を命じられて、失敗しても笑って許されるのは、人気者の証と言えるだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング