小倉優子、「こりん星じゃなく、りこん星」イジリも余裕でいなす姿に好感度が上昇

 タレントの小倉優子が12月17日放送の「痛快!明石家電視台」(MBS)に出演し、“こりん星時代”を「恥ずかしい思い出ではない」と振り返った。

 この日の放送では「関西人の“なんでや?”を調査」と題し、街頭インタビューで寄せられた「なぜ当時、“こりん星”と頑なに言ってた? 今思うと恥ずかしくない?」との疑問が紹介された。

 小倉はアイドル時代、自らを「こりん星」からイチゴの馬車でやってきた「りんごももか姫」だと主張し、独特なキャラクターを演出。年齢を重ねるにつれて“限界”が生じたのか、小倉はこの質問に「こりん星は26歳ぐらいで言うのをやめたので」と答えている。本来なら、21歳の頃にこりん星を爆発させることで卒業したかったが、事務所の社長から「もうちょっとイケる、もうちょっとイケる。まだ早い」とキャラの継続を求められたという。

 さんまから「“今思うと恥ずかしくない?”っていう質問ですけど」と振られると、小倉は「でも、こりん星でお仕事いっぱい頂けたので、ありがたかったなみたいな感じ」とポジティブに解釈しつつ、「それ以上に、もっといろいろあったじゃないですか。だから、こりん星のことなんて小さく感じました」と、私生活での2度の離婚を自虐的に語った。

「こりん星キャラにより、当初はファンタジー感あふれるユニークな世界観を築いたものの、爆笑問題・太田光からは『こりん星じゃなくて、りこん星』とイジられるなど、次第にプライベートでのゴタゴタが目立ってしまいました。最近では自ら自虐ネタを口にする機会も増え、達観した雰囲気の彼女には『なんだかんだいって3人の息子を1人で育てて、仕事もしてるのは凄い』『こりん星が爆発してぶっちゃけてから面白くなった』『三児の母とは思えないほどの美貌』など、世間からは好意的に見る向きも強くなっています」(テレビ誌ライター)

 現在は大学受験にトライ中の小倉。さんまから「デートとかする暇ないもんな?」と聞かれると、「息子がママ大好きすぎて。デートとかそんなの許してくれない気がします」と答えており、家族とは良好な関係だという。

 様々な苦労を経てもなお、前向きに邁進する姿は子どもたちにとってもよいお手本になっているのかもしれない。

(木村慎吾)

Asa-Jo チョイス

  1. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

  2. 164837

    40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

    普段は隠れているところだけれど、美しかったらいいな、服越しにかっこよく見せたいな、と思う体の部位といったら断然バスト。なぜなら、人と会う際、顔を見るのと同時に視界に入ってくるのがバストだからです。つまり、あなたの第一印象 … 続きを読む 40~50代でもバストの悩みが解消できる!?業界のパイオニア「SUNMEDICAL」なら応えてもらえる!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング