佐藤仁美、離婚“裏の理由”再浮上で気になる「コロナ禍に破局」有名妻の顔ぶれ!

 19年に結婚した女優の佐藤仁美と俳優の細貝圭が2月23日、双方の事務所を通して離婚を発表した。

 2人は17年に舞台で共演したことをきっかけに交際に発展。佐藤の所属するホリプロと細貝の所属するプロダクション尾木は連名で「細貝圭と佐藤仁美が離婚したことをご報告申し上げます。本日2月23日、都内区役所に離婚届を提出いたしました。お互いが仕事を優先するあまり、生活のすれ違いが生じ、価値観の違いも大きくなったことが離婚の原因とのことです。この件に関する会見の予定はありません。今後とも細貝圭、佐藤仁美をよろしくお願い申し上げます」と報告した。

 ネットでは《離婚したんだ。別居報道あったもんね》《家庭より仕事優先になっちゃうと、結婚向かないよね》《同じ誕生日同士で結婚だから、運命的! と思ったけど、うまくいかないものだね》などさまざまな感想の声が上がっている。

「多忙によるすれ違いが原因としていますが、コロナ禍も原因のようです。というのも2月13日にニュースサイト『週刊女性PRIME』によって2人は別居が報じられており、その中ではコロナ禍で家で過ごす時間とともにケンカも増え、昨年12月頃に佐藤が家を出て行ったと書かれていたためです。コロナ禍の間に離婚した芸能人は多く、女優の長谷川京子、篠原涼子、鈴木保奈美、飯島直子、前田敦子などなど。中には、ステイホームやコロナに対する考え方の違いがきっかけで離婚に至ったケースも少なくないでしょう」(芸能記者)

 コロナは芸能人の夫婦生活にも影響を及ぼしたようだ。

(柏原廉)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング