高畑充希、橋本環奈との「火曜夜ドラ対決」で出遅れた「敗因」は“闇鍋”感

 火曜夜9時から放送中の「unknown」(テレビ朝日系)と夜10時から放送の(TBS系)。どちらも結婚する男女に降りかかるさまざまな問題を描いている。

「unknown」は、雑誌記者の闇原こころ(高畑充希)と警察官の朝田虎松(田中圭)が互いに惹かれ合い婚約するのだが、こころは実は、吸血鬼。そして虎松の父親(井浦新)は殺人犯だ。この秘密を互いに共有し、めでたしとなるその最中、吸血鬼を連想させる事件が次々と起こるという物語である。

 一方、「王様に捧ぐ─」は、絶世の美女であるがゆえに他人からは妬まれる羽田綾華(橋本環奈)が、自身が働く結婚式場「ラ・ブランシュ」の社長・新田東郷(山田涼介)から、式場のイメージアップのため契約結婚を持ちかけられる。綾華の実家は、経営不振の蒲鉾屋で、しかも両親と5人姉弟の大家族。綾華は、家族のために結婚を受け入れるのだが、やがて東郷の優しさに惹かれていく、というものだ。

 初回の平均視聴率は、どちらも7%台の中間だったが、5月9日放送の第4話は「unknown」が5.6%、「王様に捧ぐ薬指」が6.9%と、1.3ポイントも差がついた。

 この差はどこにあるのか。

「視聴者の感想として『unknown』は、吸血鬼、殺人犯の息子、BLを連想させる演出など“闇鍋”のように詰め込み過ぎで『主軸をサスペンスに絞ってほしかった』というものが多いですね。比べて『王様に捧ぐ─』は、橋本と山田が幼く見えるとの不評もありましたが、話が進むうちに『東郷と綾香が少しずつ惹かれあってる感じがすごくいい』『理屈抜きで癒やされる』など、評価が上がってきています」(テレビ誌ライター)

 火曜ドラマの勝負。今のところ「王様に捧ぐ─」に軍配があがっているようだが、まだまだ両ドラマのこの先の展開と反響に注目だ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング