「過激ショット」「川谷絵音の活動自粛」でベッキーのイメージが好転?

20161005becky

 今年1月、人気バンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル川谷絵音との不貞騒動でレギュラー番組やCMは全て降板となったタレントのベッキー。ほとぼりが冷めた頃にテレビ復帰を果たすも、以前のような天真爛漫なキャラは通用せず、現在も厳しい状況に置かれている。

 そんなベッキーが突然、宝島社の広告で何も身につけずに大胆に背中を見せたショットを披露したことで再び世間を騒がせている。

「白く艶やかな背中に目がクギ付けになり気づきませんでしたが、あの長かった髪をバッサリ切っています。全てをふっ切り、心機一転という感じに見られましたね」(テレビ関係者)

 今まで肌見せの少ない衣装ばかり着ていたベッキーだけに、今回の大胆ショットは相当な覚悟があったことだろう。

「広告の画像とともに感謝の言葉を綴ったベッキーのインスタグラムには、ファンからの応援コメントが殺到しています。広告掲載と同時期に不貞相手の川谷に新恋人が発覚。さらに飲酒デートが原因で活動自粛となった。川谷が転落した反動で今度はベッキーが浮かび上がりそうです」

 決意の過激広告が芸能界完全復活への光明となるのか。

(佐藤ちひろ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング