「誰か奢ってな!」不登校YouTuberゆたぼんのタカリツイートにネットで批判殺到

 学校に行かず、少年革命家としてYouTubeで活動するインフルエンサーのゆたぼんがまたしても炎上している。

 ゆたぼんは5月31日、自身のツイッターで親友・へずまりゅうがプロデュースしたラーメンを食べに東京に来たことを報告。しかし、台風で飛行機が欠航となり沖縄に帰れなくなってしまったそうなのだ。自身のYouTubeチャンネルでは、東京のホテルの最上階に泊まっていることを報告し、「予定がないので、ホテルでゆっくりしたいと思います!」と言っていたゆたぼんだったが、ツイッターでは、「今日と明日と東京におるけど何にも予定ないから、今日と明日の二日間だけプロ奢ラレヤー復活します!奢ってくれる人は連絡してきてな!人生は冒険だ」と、全く別のことをつぶやいていたようだ。

 これに対し、世間からは

「全然スタディする気ないやん」「こんなのに奢るくらいなら現金ドブに捨てる」「君のほうが稼いでるんだから奢れよ」と、厳しいコメントが書き込まれた。

 しかし、ゆたぼんの投稿にある「プロ奢ラレヤー」とはいったい何のことなのか。

SNSに詳しいライターによると…。

「プロ奢ラレヤーとは、2017年からフォロワーに奢られるだけで生きているという、ツイッターフォロワー数が約12万人を誇る男性です。これまで、政治家や芸能人など5000人以上に奢ってもらってきたそうです。しかし、彼はただ奢られるだけではなく、自死をしたかった人を自分なりの優しさで止めるなど、奢ってもらった当時のエピソードをツイッターで公開しており、その文章力に引き込まれてファンになる人が多いほど魅力的なんです。彼は『宝くじを買う人は馬鹿げている』と話したあの西村博之を『5億円が当たると思うと夢がありコスパが良い』と論破したこともあるほど、話術に長けています。失礼ながら、今のゆたぼんには彼ほどの話術があるとは思えないので、奢ってもらうだけで生きていくのは難しいのでは…」

 その後のツイートで、「大戸屋」の丼をご馳走してもらったことを報告していたゆたぼんだが、本格的に「プロ奢ラレヤー」を目指すなら、学校に通い、礼儀や言葉遣いを学び直すべきかもしれない。

(佐藤ちひろ)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング