中村倫也は博愛の人!「ハヤブサ消防団」主人公は「どハマり役」【三田モニカの勝手に占っていいですか?】

 今回は、今期夏ドラマ「ハヤブサ消防団」(テレビ朝日系)で主役を演じる、中村倫也さんについて占ってみたいと思います。占うにあたり、使用するのは今回もホロスープ。ホロスコープというのは、その人が誕生した瞬間に、どの星がどの星座のどの位置にあったかを見るものです。これを使うと、その人の性格や才能、恋愛はもちろん、人生のあらゆること、さらには過去・現在・未来についても占えるとされています。

 さて、中村さんのホロスコープをさっそく見ていきます。まず、太陽が山羊座にあります。太陽は性格、人生、生き方、生命力、体質などを表す星。そして山羊座は真面目で努力家で義理堅く、自分に対して非常にストイックな星座です。このことから、中村さんはベースの部分では自分を追い込むことにより、役作りをするタイプだとわかるのです。山羊座は見た目と違って非常にタフという説もあり、中村さんが意外なほど丈夫であることが考えられます。

 一方、感情や好み、感性を現す月が、乙女座にあります。乙女座はナイーブで少年のような純粋さや危うい魅力を与える星座。中村さんのそういった部分は、「ハヤブサ消防団」の主役にピッタリイメージが重なるのです。つまり、「ハマリ役」だということ!このドラマの主人公は、過去に賞を取ったことがあるものの、今はパッとしない悩み多き人物です。そんな主人公の繊細さや葛藤を抱えやすいところなど、中村さん本人に見事にかぶっているんですよね。

 まだまだ重なる部分があります。乙女座の月は、緻密な分析力、計算力、正確な判断力をその人に与えます。ドラマの役柄も、ミステリー作家じゃないですか。事件が起きると、綿密に調査して推理を進めていくその様子は、中村さん本来の姿といえるかもしれません。まさに素晴らしいキャスティングになっているのです。そういう意味では、今後も中村さんは乙女座的な役を演じることにより、役者としてさらなる躍進を遂げるのではないでしょうか。

 それから、中村さんの役者人生に欠かせない、非常に重要な要素があります。それは、「愛」です。なぜなら、中村さんの愛情を示す火星が、魚座にあるから。愛情なくしては生きていけない…というのは大げさとしても、愛情が人生の大きなウェイトを占めるのが魚座です。魚座自身、あふれんばかりの愛情をもち、大きな愛情でどんな相手をも包み込む博愛の人。ときには自己犠牲もいとわず、愛を貫き通すのです。そんな性質ゆえ、愛情面でうまくいっている間は、魚座の人も絶好調。仕事も、日本テレビの水卜麻美アナと結婚したばかりのプライベートも順調でしょう。

 中村さんの場合も、家庭が順調なら仕事運をグングン押し上げていくはず。くれぐれも、家庭を大事にしていただきたいものです。

(三田モニカ)

8月1日生まれ。獅子座。A型。占術家。アロマテラピーアドバイザー。早稲田大学第一文学部西洋史学科卒業。占い情報誌の編集プロダクションを経て独立。西洋占星術、血液型診断、タロット等のロジックを応用した開運術を提唱。著書に「A型人間の頭の中」「B型人間の頭の中」(いずれも青志社)など。

Asa-Jo チョイス

  1. 185644

    爽やかイケメンライバーに癒されたい!「ふわっち」で人気のRyon×2さんが保護猫と一緒にライブ配信する理由とは?

    ここ数年、若年層を中心に「ライブ配信」が新たなエンタメとして広がりを見せています。最近では、そんなティーンが楽しむものだけではなく、オトナ女子が目の保養とできるような“人気イケメンライバー”が続々登場しているんだとか。そ … 続きを読む 爽やかイケメンライバーに癒されたい!「ふわっち」で人気のRyon×2さんが保護猫と一緒にライブ配信する理由とは?

  2. 187417

    イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

    仕事で疲れて帰宅した夜や退屈な休日、ちょっと息抜きや気分転換をしたいときってありますよね?そんな時間にイケメンたちから癒しや元気をもらえる無料アプリがあるんです!そのアプリとは……ズバリ、ライブ配信アプリ「ふわっち」。幅 … 続きを読む イケメン勢ぞろい!? 話せる、推せる、新たなエンタメ「ふわっち」のライブ配信を女性編集部員が体験リポート

  3. 165060

    毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

    生理のせいで、時々、あーっ…! と思うことはありませんか? たとえば旅行とタイミングがぶつかってしまった時、仕事や学校などが忙しく休みにくいのに体調が悪くなった時、温泉やプール、海などに遊びに行こうと思った時。小~中学生 … 続きを読む 毎月のつらい生理。解放されたキッカケはオンライン診察からの「低用量ピル」でした

注目キーワード

ランキング