“芸能人真似メイク”が秀逸な梶恵理子直伝「デカ目」テクニックとは?

20161025geinoujin

 ミランダ・カーから綾瀬はるか、北川景子まで、とことんメイクの真似を極める「かじえり」こと梶恵理子さん。メイクにまつわる国家資格を多数取得していて、メイクレッスンを日々行うメイクのプロとして話題を集めています。

 そんなかじえりさんが紹介しているデカ目メイク。ぜひチャレンジしてみましょう!

「デカ目メイク」の失敗パターンは、大げさで違和感が出てしまうこと。ポイントになるのは、いかにナチュラルに大きく見せるか。

 アイホール全体にオレンジブラウン、目頭にダークブランのアイシャドウをオン。アイラインは細く目じり1ミリほど長く書き、二重の幅をキープしてデカ目を意識。マスカラを上下につけたら、ホットビューラーで根元から底上げするのだそうです。

 デカ目というとアイラインで強調しがちですが、実はポイントになるのはアイシャドウでかたちを作り、まつ毛に気合を込めることにあるそう。

 最近は、写真アプリでデカ目にすることもできますが、やっぱりナチュラルなデカ目の作り方は押さえておきたいものですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング