藤原紀香はどう動く?「水素水」業界が国民生活センターに「風評被害」と反発

20170202fujiwara

 昨年、「アンチエイジング」「血液サラサラ」などの効果があるとセレブらを中心に大ブームとなった水素水。安田美沙子ら芸能人の中には10万円の装置を購入したという話も出たほど。特に、あまり興味のなかった男性や一般層にも“水素水”のワードを広めたといえば、片岡愛之助との披露宴でオリジナル水素水生成器を引き出物として配った藤原紀香だろう。

 世間からは「すぐに流行に乗る」と失笑されたが、それでも水素水への興味を世に浸透させたのは彼女の功績だった。

 ところが昨年12月、国民生活センターがペットボトルなどで販売されている水素水の水素濃度が表示以下のものがあるなど調査結果を発表。消費者に注意を喚起した。また、事業者のアンケートでも水素水の効能は「水分補給」という、“信者”を愕然とさせる事実もあかるみとなり、ブーム絶頂だった水素水は一転、「ただの水」「効果なし」のレッテルを貼られてしまったのだ。

「おかげで藤原紀香も赤っ恥。もともとアンチの多い彼女ですから『引き出物の水素水生成器を粗大ゴミに出してる芸能人が多いんじゃない』など、散々言われましたね。彼女自身もそれ以降、水素水の“す”の字も語っていないはずです」(女性誌記者)

 しかしここにきて、水素水業界が大反発。生成器を販売する某企業は「(調査された)19社の商品以外のテストを受けていない水素水商品はどうするのか」など、国民生活センターの調査に「風評被害が出る」と懸念。全面対決の様相を見せている。

 国民生活センターは現在のところ再調査は考えていないということだが、残念ながら、世間の声も水素水業界を支持する意見は少ない状況。一度覆った評価を取り戻すのは困難を極めるだけに、“水素水の伝道師”紀香様がどう動くかをネット民は注視している。

(飯野さつき)

Asa-Jo チョイス

  1. 107566

    レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

    イケメンのレーシングドライバーとデートしませんか?──編集部からライターの自分に唐突な依頼。戸惑いながらも、「ぜひっ!」と即決。とはいえ、アラフォーの私はレースのことは詳しくないし、しかも19歳って……。不安ながらもワク … 続きを読む レーシングドライバー「佐藤蓮」って何者?バーチャル“おうちデート”でギャップ萌え!

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング