苦戦が続く「A LIFE」に光明?松山ケンイチの「顔芸」に視聴者がハマり中

20170214matsuyama

 木村拓哉主演ドラマ「A LIFE~愛しき人~」(TBS系)が、高額な制作費や主役級の役者を脇に据えたにも関わらず、視聴率15%に届かず苦戦している。

 そんななか、役者としての存在感を放っているのが、松山ケンイチだ。番組を視聴しながら実況するサイトでは、松山が登場すると「マツケンの顔芸最高。クセになる」「このドラマ、松ケン出てなかったら観てない」「嫉妬する顔も可愛げがある」など、上々の評判だ。

 芸能ジャーナリストも「さすがのカメレオン俳優」と評する。

「松山演じる井川医師は、医師会の大物のボンボン息子だが、向上心もある中堅ドクターという役どころ。そして、沖田医師(木村拓哉)が信頼を寄せる柴田看護師(木村文乃)に想いを寄せていて、沖田を尊敬しつつも嫉妬もしています。そのような複雑な思いをすねてみたり、ふくれっ面をしてみたりしたかと思うと、医学に関しては真剣に取り組み、沖田に向き合う。そんな心の機微が、一挙手一投足に表れていて、実に巧いなと思いますね」

 主演も脇役も、どんな役を与えられても演じ切る。それが“松山ケンイチ”という俳優なのだろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング