自撮り大好き女子必見! 写真写りを良くするコツは3箇条

20150928jidori

 いまやスマートフォンで自分の顔や姿を撮影する“セルフィー”は日常的。モデルや芸能人の間でも毎日のように最新自撮り画像がSNSにアップされ、話題を呼ぶコトも少なくないですよね。

 だけど、いざ自分で撮ろうと思うと、目を閉じてしまったり、納得のいく角度で撮れなかったりと、なかなかカワイくいかないのが悩みのタネ。

 そこで、自撮りが上手になる「写真写りをよくするコツ」をご紹介しましょう。

1.目をギュッとつぶってからカメラを見る

頻繁に目を閉じてしまう人は、一度目をギュッと閉じてから、思いっきり目を見開こう。目をつぶる失敗を防げるだけでなく、目が大きく見えるというメリットもあるんですよ。

2.目線をレンズの少し上に

もう一つ目をパッチリさせる方法があるんです。それが、目線をレンズの上に持っていく方法。上目使い気味にするのもおすすめです。

3.アゴは引きすぎない

二重アゴを防ぐためには、アゴの引きすぎに注意しましょう。もちろん、アゴを上げ過ぎてもバランスが悪くなるし、角度によって印象が変わってくるので、自分が最も美しく見える角度を習得しておくことが大事なのです。

 以上3点を心得て、ぜひ次の自撮りの際には、その成果を発揮してみてくださいね。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング