2015/10/01 09:58

この秋は「オトナで知的な女子」を目指す!通いたくなる都内ブックカフェ

20151001bookcafe

 最近、都内を中心に全国各地で増えている「ブックカフェ」。大手書店でも、カフェを併設するところは増えており、オトナの新たなくつろぎスポットとして、昨今注目を集めています。

 ブックカフェとは、店内に商品として並べられた本を、コーヒーなどを楽しみながら自由に読めるという「書店」と「カフェ」が融合したお店のこと。気になるけど、買おうかどうか迷う‥‥という本をゆっくり読むことができるし、面白かったらもちろん購入することもできるんです。

 また、商品ではなく店の蔵書として自由に読める本が置かれているなんていうカフェもあったりと、最近ではいろんな形態のお店が増えてきているようです。

 今回は、そんなブックカフェの中でも、「知ってると通」な感じのする面白い店舗をいくつか紹介しましょう。

■BUNDAN COFFEE & BEER(駒場東大前)

http://bundan.net/

「日本近代文学館」の中にあるカフェ。店内には日本文学の有名作品から稀少本まで、約2万冊が並びます。コーヒーなどのドリンクには「芥川」「寺山」「鴎外」など、日本文学史に名を残した面々にちなんだ名前が付けられているのも面白いですね。

■アール座読書館(杉並区)

http://r-books.jugem.jp/

店内には鉢植えの木々や水槽が置かれ、都会の中にいながら自然に囲まれて読書できる空間。テーブルや椅子・ソファも席によって様々で、自分のくつろげる場所を選ぶことができます。蔵書も文学から写真集・画集、旅行書など豊富な品揃えです。

■東京天狼院(池袋)

http://tenro-in.com/

店内にはこたつ席やソファ席があって、自宅気分でくつろげます。読書会や英語教室などのイベントなども多数開催されていて、文化的趣味でつながれる仲間と出会えるのも嬉しいですね。

■気流舎(下北沢)

ちかごろの気流舎

古書を扱うカフェ・バー。1年がかりで手作りしたという内装・外装は、木の温もりに溢れ、ほっこり落ち着けます。店内にはロフトもあり、隠れ家的な雰囲気。扱う本は「カウンター・カルチャー」。

■HEIMAT CAFE(武蔵小山)

http://www.heimat-cafe.com/

「HEIMAT=心の郷愁」をテーマに、古典文学や写真集、絵本などさまざまなジャンルの蔵書が約1000冊並ぶカフェ。フードメニューも「宮崎県産 森林どりのハーブロースト」や「自家製デミグラスソースのハンバーグ」など、本格的な料理が豊富にあって、お腹も満足! 古書の買取も行っています。

 あなたもお気に入りのブックカフェを近所に見つけて、秋の夜長を楽しみつつ、知性を磨いてみてはいかがですか?

Asa-Jo チョイス

  1. 50784

    次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

    ここ数年、健康・美容のトレンド・ワードとしてすっかり定着したスーパーフード。栄養価が高く低カロリーのため、健康への意識が高い女性たち、とくに多くの海外セレブが発信元となって広まりました。中でも、アサイー、マキベリー、とい … 続きを読む 次世代のスーパーフルーツ!? 『豊潤サジー』がアラフォー女性に必要なワケ

  2. 48836

    年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

    トコハナロジー(tocohanalogy)の『プラシラ(PRACILA)』は、シミへの不安が増す30~40代女性のスキンケアに活用したい薬用美白(※)オイルです。というのも、30代を過ぎると「最近、急にシミが増えた」「肌 … 続きを読む 年齢肌のエイジングケアに、新しい薬用オイル『プラシラ』が登場!

  3. 48832

    35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

    30~40代の毎日仕事で忙しい女性や、育児で肌ケアが疎かになりがちなママのビューティケアに欠かせないのがコラーゲン。代表的な美容成分の一つとしても知られていますよね。でも、正しく理解しないまま、何となく取り入れているとい … 続きを読む 35歳がお肌の曲がり角!“キレイの源”コラーゲン対策に大注目の食材って?

注目キーワード

ランキング