アンジャッシュの「飢え」と「解散危機」を救った某芸人の感動秘話

20170501_asajo_anjash

 女優の佐々木希と、4月にゴールインしたアンジャッシュ・渡部建。児嶋一哉とのコンビ歴は24年におよび、互いに人生の半分以上、芸人だ。当然、不遇時代はある。

 そのときに食わせてもらっていたのが、X-GUN(バツグン)の西尾季隆と、さがね正裕。“ボキャブラブーム”のころは、アイドル並の人気を博していた2人組だ。そんな彼らとの関係を、当時お笑い雑誌の編集長をしていたフリーライターが話す。

「児嶋は西尾に、渡部はさがねにかわいがってもらっていました。児嶋の名を広めた“大島!”“児嶋だよっ!”のやり取りは、西尾や今のピコ太郎こと古坂大魔王がライブでやっていたもの。それが今になって復活したんです」

 アンジャッシュが「爆笑オンエアバトル」(NHK)の仕事ぐらいしかなかったころ、児嶋は引退を考えた。そのとき、当時の彼女で、現在の妻と一緒に相談した相手が西尾。そこで西尾が留意したことで、アンジャッシュは解散を免れた。

 一方のさがねは、渡部の生活の面倒まで見ていた。さがねと一緒にいるときは、渡部は1円も使うことがなかったという。「キムタクに似てますね」といえば、服を買ってくれ、夜になると酒をご馳走してくれた。誕生日には、リクエストを聞いてプレゼントもしてくれたという。

「さがねがスゴいのは、同じことを海砂利水魚(くりぃむしちゅー)時代の有田哲平や、アンタッチャブルの山崎弘也も同じように面倒を見ていたこと。この恩を忘れていない3人は、立場が逆転した今、さがねに恩返しをしている真っ最中。一緒にいるときは、一銭も出させません」(前出・フリーライター)。

 アンジャ、くりぃむ、ザキヤマ。彼らが今、売れっ子でいられるのは、ボキャブラ人気から転落したアラフィフ芸人のおかげだったのだ。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング