白米の代わりに「ブロッコリーご飯」 あの女優のこだわりがスゴい!

20170511_asajo_broccoli

 ダイエット中のご飯の代わりに、こんにゃくや糖質の少ないパン、麺などを活用するのはポピュラーな方法。最近はその他の「代替フード」にも注目が集まっています。

 例えば女優の床嶋佳子さんが白米の代わりに活用しているのがブロッコリー。

 医師の牧田善二先生の著書「一番かんたん 即やせる!改訂版 糖質量ハンドブック」(新星出版社)によれば、ゆでたブロッコリーの糖質は、小さい2房(30g)で0.3g。白米ごはんは100gで糖質36.8g。ブロッコリーの糖質は白米ごはんの60分の1程度だそうです。これなら糖質カットが実現できるのも納得ですね。しかもブロッコリーは食べごたえがあるので、こんにゃくなどと比べて満足感も高い。

 とはいえ、ごはん好きにとっては、白いお米の代わりに緑のブロッコリー食を続けるのは至難の業かも。

 バレエダンサー出身とはいえ、床嶋さんがあのスレンダーなスタイルをキープできるのは、このような努力があったからなんですね。

 医師の石原結實先生と管理栄養士の牧野直子さんの著書「いいことずくめの ブロッコリー」(角川マーケティング)によれば、ビタミンCにより老化予防&美肌効果も期待できるとか。さすが、美を追究する女優の選ぶものは違います!

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング