「ひよっこ」有村架純の演技が上手いほど視聴率が下がるカラクリとは?

20170512_asajo_arimura

 有村架純がヒロインを務める連続テレビ小説「ひよっこ」(NHK)の視聴率が低迷している。放送1カ月を経て20%台はわずか3回のみで、5月1日には17.9%まで数字が落ち込んだ。これは前作の「べっぴんさん」の最低視聴率に並ぶ数字で、前々作の「とと姉ちゃん」と3作前の「あさが来た」では18%を割り込んだことがなく、早くもここ1年半のワースト記録タイとなった形だ。

 その一方で有村の演技を評価する声は少なくない。8日の放送では集団就職で上京したヒロインが生まれて初めてのクリームソーダに感動する場面が映し出され、「表情が可愛すぎる!」といった声が続出。ところが、その達者な演技が視聴者を離れさせている可能性もあるというのだ。テレビ誌のライターが指摘する。

「朝ドラの視聴率を支えるのは“F3層”と呼ばれる50歳以上の女性視聴者たち。上の世代には集団就職をリアルタイムで知る人たちも少なくありません。彼女たちのなかには『ひよっこ』が描く世界観に懐かしさを感じる人もいますが、その反面に『観ていると胸が苦しくなる』という声もあるのです。有村の演技がリアルであればあるほど、当時の苦い思い出が浮かび上がってくるのでしょう」

 集団就職の経験者には、当時のことを「一番思い出したくない青春」と語る人もいるほど。田舎者とバカにされたり食事がひどく粗末だったりと苦い思い出を持つ人は少なくない。離職率も高く、有村のような美人が夜の蝶に転職するケースも珍しくなかったようだ。

 同作品ではヒロインが働く工場を、当時の施設などを使って精密に再現。実際に製品が作れるレベルになっているそうだが、そんな見事な再現ぶりもまた、集団就職世代の視聴者を逃す原因になっているのかもしれない。

(白根麻子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング