V6岡田准一「主演時代劇」で期待される共演・西島秀俊との筋肉美対決!

20170529_asajo_okada

 V6の岡田准一が時代劇に主演することが5月23日、わかった。来年公開の「散り椿」で、5年前、葉室麟氏が発表した同名小説の映像化だ。メガホンをとるのは、現在公開中の岡田の主演映画「追憶」で撮影を担当した木村大作氏。「劒岳 点の記」「春を背負って」に続く監督3作目で、初の時代劇となる。

 5月15日にすでにクランクイン。岡田は2度目のタッグを組む木村監督に全幅の信頼を寄せており、「すべてを受け止めてくれる方なので、今回も全力で臨めたら」と意気込んでいる。

 舞台は江戸時代。岡田が演じるのは、かつて道場で「四天王」と呼ばれた武士。上司の不祥事を告発して藩追放の身となったが、亡き妻の願いを聞き届けて帰郷。藩の不正事件の真相を突き止めるため立ち上がる。かつての親友で恋敵でもあった「四天王」の別の一人を演じるのが、初共演の西島秀俊。2人のガチの対決シーンが見どころのひとつになる。岡田にとって5本目の時代劇。所作などは手慣れたものの、これまでと違って剣を使っての真剣勝負の場面が多々あることから、3カ月にわたって殺陣を特訓、準備万端で取り組んでいるという。

 ちょっと気がかりな点がある、と明かすのは映画ライターだ。

「岡田の身長は公称169センチと発表されているが、ファンの間では165センチないというのが定説になっている。映画『図書館戦争』シリーズで榮倉奈々と共演した時、榮倉より1センチ低いだけのはずなのに、並ぶと岡田がかなり低いのがわかった。『追憶』では184センチの小栗旬と共演。一緒のシーンでは岡田が常に小栗を見上げていた。西島は178センチ。2人が刀を交える接近戦では、岡田が頭一つ低いことになり、アンバランスになりそう」

 もっともファンにとってお目当てはチャンバラシーンではない。西島との筋肉美ボディー対決だ。西島は4年前の大河ドラマ「八重の桜」で女性視聴者を一気にトリコにし、ブレイクしたマッチョボディーの持ち主。岡田はインストラクターの資格を取るほど格闘技にハマる練習の虫。

 2人の筋肉美対決を期待する声は少なくないという。

(塩勢知央)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング