破竹の19連勝!「中学生棋士」藤井聡太四段が獲得した賞金額は?

20170530_asajo_fujii

 デビュー戦以来、快進撃を続ける中学生棋士の藤井聡太四段。5月25日には19連勝で竜王戦6組を制し、決勝トーナメントへとコマを進めた。藤井四段は「強い先生と当たるので全力でぶつかりたい」と意気込みを語り、初めて賞金をもらうことにも「使い道は特にない。獲得できたのはうれしいです」とコメントした。

「竜王戦は将棋の公式戦のなかでいちばん賞金が高く4320万円。全棋士が前年のランキング順に6組に分かれ、それぞれトーナメントで決勝進出者を決めるのです」(週刊誌記者)

 決勝トーナメントには1組から5名、2組から2名、3、4、5、6組から各1名ずつの計11名が進出。勝ち上がった1人が竜王に挑戦できる。活躍が期待される藤井四段だが、気になるのはその賞金の額だ。

「最上位の1組から6組まで優勝賞金は異なります。1組が450万円、2組が350万円、3組が250万円、4組が200万円、5組が150万円。藤井四段が手にした6組の賞金は90万円です」(前出・週刊誌記者)

 中学生で90万円とは夢のような大金だ。今後の活躍とともに、彼が獲得していく賞金額にも注目が集まることだろう。

(伊藤その子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング