「女子アナ最強の玉の輿は?」プロ野球選手妻・イチロー夫人の福島弓子は別格

20151029tamanokoshi-b

 女子アナといえば、プロスポーツ界の花形とされる野球選手と結婚するケースが多い。そんな中、世界のトップクラスが集うメジャーリーグ、その頂点で活躍するイチローをモノにした福島弓子はやはり別格だ。

 芸能ジャーナリストが語る。

「メジャーリーグで活躍する日本人選手が少ない中、イチロー選手は、長期にわたってトップ選手として君臨しています。歴代の日本人選手の中でも断トツの存在でしょう。野球だけではなく、CMやドラマでも活躍しているのも大きいですね」

 今年、TBSを寿退社した枡田絵理奈は広島カープの堂林翔太と結婚したように、女子アナの玉の輿といえば、「プロ野球選手の妻」が定番だ。女子アナ事情にも詳しい芸能評論家はこう語る。

「まず、巨人の長野久義と、広島の前田健太を比較した場合、夫が人気球団の巨人に所属しているテレ朝の下平さやかのほうが上ですが、“玉の輿度”でいえば成嶋早穂のほうが上でしょう。なんせ、キー局ではなく、東海テレビから球界のエースであるマエケンを射止めたわけですからね。同じ理由で、フリーの立場で巨人の杉内投手と結婚した上葉えりか、静岡放送からフリーになり、ソフトバンクの松中選手と結婚した林恵子も、玉の輿度からすれば上位に入って当然です」

 ほかにも、元日テレの小野寺麻衣(巨人・高橋由伸監督)、元テレ東の大竹佐知(ジャイアンツ・青木宣親)、元テレ朝の河野明子(今季巨人を引退・井端弘和)、元フジの長野翼(ソフトバンク・内川聖一)はそれぞれ夫の活躍しだいで「浮上の余地アリ」だろう。

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング