長嶋一茂の「ミサイルごとき」暴言を一蹴した宇賀なつみの評価が急騰!

 9月15日放送の情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、金曜コメンテーターの長嶋一茂が番組終盤に暴走するシーンがあったが、同局アナウンサーの宇賀なつみがうまくまとめたとして評価を上げている。

 この週は11日から夏休み入りしているメインMCの羽鳥慎一に代わり、宇賀アナが1人で進行を務めていたが、同日朝に北朝鮮がミサイルを発射。北海道上空を通過し、襟裳岬の東方約2200キロメートルの太平洋上に落下したニュースを受け、番組は急きょ内容変更して、この問題を中心に報道した。

「よりによって、この一大事のコメンテーターが一茂?」と視聴者は違和感をおぼえたようだが、案の定その不安は的中した。

「番組の途中から一茂は少しおかしな感じでした。北朝鮮のミサイルを強引に野球のビーンボール(投手が故意に打者の頭部を狙って投げる球)にたとえ、『ビーンボールであれば動じなければいい。松井(秀喜)選手はビーンボールが来ても動じず、次に内角高めのボールが来ても打ちました』など、独自の理論を展開しました」(テレビ誌ライター)

 このあたりから、スタジオにはドン引きの空気が漂っていたが、一茂はさらに「(ミサイル発射は)結局、ビーンボールかそうじゃないかの話」とダメ押し。そして最悪の事態は番組のエンディングに起こった。

 一茂が突然、「広島がマジック1、ソフトバンクがマジック1なんでね。北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うなと、ハイ」と発言。誰もリアクションを取れない中、宇賀アナは「あと皆さん、台風にもくれぐれもご注意ください」とさらりと受け流し、何事もなかったように番組を締めくくったのだ。

 番組を見ていた視聴者からは「さすがプロのアナウンサー。一茂が暴走しても動じないのね」「生徒がわけのわからないことを言っても、完全スルーして話を続ける先生みたい」「長嶋より20歳も年下だけど、お母さんみたい」など、羽鳥のいない中、“猛獣”をさばいてみせた宇賀の手腕に評価が集まっている。

 一茂のビーンボールにも動じず、軽々と打ち返した宇賀アナの完全勝利といったところか。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング