2017/09/19 18:15

長嶋一茂の「ミサイルごとき」暴言を一蹴した宇賀なつみの評価が急騰!

 9月15日放送の情報番組「モーニングショー」(テレビ朝日系)で、金曜コメンテーターの長嶋一茂が番組終盤に暴走するシーンがあったが、同局アナウンサーの宇賀なつみがうまくまとめたとして評価を上げている。

 この週は11日から夏休み入りしているメインMCの羽鳥慎一に代わり、宇賀アナが1人で進行を務めていたが、同日朝に北朝鮮がミサイルを発射。北海道上空を通過し、襟裳岬の東方約2200キロメートルの太平洋上に落下したニュースを受け、番組は急きょ内容変更して、この問題を中心に報道した。

「よりによって、この一大事のコメンテーターが一茂?」と視聴者は違和感をおぼえたようだが、案の定その不安は的中した。

「番組の途中から一茂は少しおかしな感じでした。北朝鮮のミサイルを強引に野球のビーンボール(投手が故意に打者の頭部を狙って投げる球)にたとえ、『ビーンボールであれば動じなければいい。松井(秀喜)選手はビーンボールが来ても動じず、次に内角高めのボールが来ても打ちました』など、独自の理論を展開しました」(テレビ誌ライター)

 このあたりから、スタジオにはドン引きの空気が漂っていたが、一茂はさらに「(ミサイル発射は)結局、ビーンボールかそうじゃないかの話」とダメ押し。そして最悪の事態は番組のエンディングに起こった。

 一茂が突然、「広島がマジック1、ソフトバンクがマジック1なんでね。北朝鮮のミサイルごときでギャーギャー言うなと、ハイ」と発言。誰もリアクションを取れない中、宇賀アナは「あと皆さん、台風にもくれぐれもご注意ください」とさらりと受け流し、何事もなかったように番組を締めくくったのだ。

 番組を見ていた視聴者からは「さすがプロのアナウンサー。一茂が暴走しても動じないのね」「生徒がわけのわからないことを言っても、完全スルーして話を続ける先生みたい」「長嶋より20歳も年下だけど、お母さんみたい」など、羽鳥のいない中、“猛獣”をさばいてみせた宇賀の手腕に評価が集まっている。

 一茂のビーンボールにも動じず、軽々と打ち返した宇賀アナの完全勝利といったところか。

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング