ナイナイ岡村がトラウマになった“テクニシャンすぎる”初体験カノジョ

20150206okamura

 お笑いコンビ・ナインティナインの岡村隆史が1月29日、ラジオ番組「ナインティナイン 岡村隆史のオールナイトニッポン」で、20代の一般女性に失恋したことを明かした。岡村は以前から料理教室のアシスタントをしている女性と食事デートを繰り返しており、何度目かの食事の際は、個室でキスをするほどの仲にまで発展していたという。

「チューしたことで、その子のこと気になるじゃないですか」と女性に強い思いを寄せはじめる岡村だったがこの放送前日、女性から52歳の会社社長と交際していることを打ち明けられたという。放送では「あのチュー、覚えてないのかなぁ」と悲しそうにつぶやいていた。

「岡村は女性に対しては奥手で、キスをする時は“キスしていい?”と、相手の承諾を得てからでないとできなかったんです。しかし、今回の女性はその場の空気で何も告げずに唇を射止めた。それだけに手ごたえを感じていたんでしょう」(芸能関係者)

 だが、その恋が実ることはなかった。21歳から恋人がいないという岡村だが、その原因は過去のトラウマにあるという。

「岡村が21歳の時、同じ『吉本印天然素材』というグループで活躍していた雨上がり決死隊・宮迫博之からの紹介で、一般女性と初体験を済ませています。しかし、2回目の行為の時、まだ慣れていない岡村はモタついてしまった。その様子を見た女性は彼に気を使って、腰の後ろに枕を挟んだのですが、岡村はその慣れた手つきがどうしても許せなかったそうです。次の瞬間、彼は靴も履かずに部屋を飛び出し、そのまま宮迫のいる稽古場に向かい、宮迫と顔を合わせるなり岡村は『女は不潔や!』と叫びながら号泣したそうです。その体験がトラウマとなり、今では好きなタイプを聞かれても“お花屋さんで働くような未経験の女性”と発言したりして、女性と付き合う機会がなくなってしまったのです」(前出・芸能関係者)

 これ以外にも岡村は、過去にマスコミと繋がっていたセクシー女優や女釘師に騙され、写真を撮られるなど、トコトン女運に恵まれることがないのである。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング