V6井ノ原快彦がマンモス団地で過ごしたやんちゃな少年時代

 平日朝の帯番組「あさイチ」(NHK)がスタートして7年。メインMCのV6・井ノ原快彦は“NHK朝の顔”としてすっかり浸透した。彼の魅力はなんといっても、ジャニーズアイドルらしからぬ、親近感に満ちた顔立ち。女優・瀬戸朝香との間に産まれた2人の子どもを育てるイクメンという一面も、主婦層から支持が高い理由だ。

 そんなイノッチ、少年時代はかなりのやんちゃ者だったようだ。テレビ制作会社のスタッフはこう証言する。

「井ノ原さんは小・中学生時代を、都内屈指のマンモス団地で知られる八潮団地で過ごしています。当時、大人気だった漫画の『おぼっちゃまくん』で、相手にカンチョーをしながら『ぜっこーもん!』と叫ぶ遊びが流行っていたのですが、もちろんイノッチもその1人。ところが小学3年生のとき、転校生の高橋くんに対して『ぜっこーもん!』とふざけると、思いのほか指が奥のほうまで入ってしまったとか(笑)。でも以来、仲が良くなったそうです」

 高橋くんとの間にはこんなエピソードも残っている。その年の運動会で2人はそろって紅組に。井ノ原も高橋くんも応援団長になりたかったそうだが、多数決を採ると井ノ原が圧勝。なんと彼は事前に「応援よろしく」とクラスメイトに根回しをしていたとか。“ぜっこーもん事件”に続いて連敗を喫した高橋くんは、その後しばらく井ノ原と口を利かなくなったという。

「井ノ原は中学生になって仕事が忙しくなっても、八潮を離れませんでした。強い地元愛は2002年、嵐の初主演映画『ピカ☆ンチ LIFE IS HARDだけどHAPPY』、続編の『ピカ★★ンチ LIFE IS HARDだからHAPPY』の原案を手がけることにつながった。イノッチの原点が映画でよみがえったのは、貴重といえるでしょう」(アイドル誌ライター)

 今となってはすっかり“いい話”だが、当時は本当に修羅場だったのかもしれない。

(北村ともこ)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング