2017/11/18 10:14

芳根京子の月9「海月姫」に原作ファンが悲鳴を上げた“2つの要因”

 来年1月期の月9ドラマ「海月姫」(フジテレビ系)に対して、原作漫画ファンから悲鳴があがっているという。主演には16年後期の連続テレビ小説「べっぴんさん」(NHK)でヒロインを務めた芳根京子を起用。連ドラ後の初主演として注目されているが、早くも先行きに暗雲が垂れ込めているからだ。

「本ドラマは人気マンガ家・東村アキコの同名マンガが原作。東村の作品は菜々緒の連ドラ初主演作となった『主に泣いています』(フジテレビ系)や、今年1月期の吉高由里子主演『東京タラレバ娘』(日本テレビ系)など、実写化ドラマでも高い評価を受けている。それゆえ『海月姫』にも期待が高まりそうなものですが、不振続きの月9ドラマに採用されたとあって、早くも不安視されているのです」(テレビ誌ライター)

 放送枠だけではなく、ほかのことでも心配の種は尽きないという。

「この『海月姫』は14年に能年玲奈主演で映画化されるも興行成績は4億円と惨敗。その一方で10年のアニメ化ではそこそこ評判が良かったので、実写化には向いていない恐れがあります。そして今回の実写化を手掛ける脚本家は、この1月期に香里奈主演の『嫌われる勇気』、そして7月期の窪田正孝主演『僕たちがやりました』と爆死ドラマを連発。いずれもフジテレビのドラマだったため、本作の出来栄えが懸念されているのです」(前出・テレビ誌ライター)

 当の月9ドラマでは、現在放送中の「民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~」が同枠ワースト視聴率を更新しそうな勢い。その厳しい環境を受け継ぐだけでもハンデなわけで、様々なプレッシャーがのしかかる主演に抜擢された芳根こそ気の毒なのかもしれない。ここは、その可愛さと演技力で覆してほしいものだ。

(白根麻子)

※関連記事:芳根京子、月9「海月姫」主演に暗雲?“能年の後釜はコケる”ジンクス http://asajo.jp/excerpt/40710

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング