羽生、フェルナンデス、デールマンの不調はオーサーコーチ不在の影響?

 フィギュアスケートGPシリーズ2017のカナダ大会の直後に、緊急手術を受けていたオーサーコーチ。ハビエル・フェルナンデス選手が出場したGPシリーズの中国大会にも、羽生結弦選手が出場を予定していたNHK杯にも帯同することはなかった。

「中国大会には帯同できませんでしたが、同じ頃にカナダで開催された若い選手の試合に帯同していたようです。今はもう元気になって、フランス大会では羽生選手のケガに関する取材も受けていました。腹腔鏡手術とはいえ、体に負担のある海外の長旅はしばらく避けていたのでしょう」(スポーツライター)

 しかし、中国大会のハビエル・フェルナンデス選手は6位。同大会の女子に出場したガブリエル・デールマン選手もSPは1位だったが総合で6位。羽生選手はNHK杯公式練習でケガをして欠場。オーサーコーチの不在が影響したのではないかという気がしてしまうのも仕方があるまい。

「影響はゼロではないでしょう。トップ選手であればあるほど手取り足取りの技術的な指導はせず、選手の自主性に任せ、必要なところで的確なアドバイスをし、メンタルのケアをすることがメインになってきます。特にオーサーコーチは繊細なケアに定評がある。いつもとちょっと違う調子を見て取ると、その時に必要なことを魔法のような言葉でささやいて選手を導くのです」(前出・スポーツライター)

 選手を平静な心で演技に臨ませることこそが自分の役割というオーサーコーチだけに、病気のためとはいえ大事なGPシリーズに帯同できず、教え子たちが結果を残せなかったことを残念に思っているのではないだろうか。

(芝公子)

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング