2017/12/01 10:14

蛭子能収が深刻ボヤキ「孫の名前がややこしすぎて覚えられない」

 11月28日、漫画家でタレントの蛭子能収が東京のヨドバシカメラマルチメディアAkibaで開催された「Windows 10 冬キャンペーン クリエイティブ・ディレクター エビス・ヨシカズ CMお披露目会」に出席。

 蛭子は、CMを共作したゲーム専門のサウンド制作会社に勤務する息子の一郎氏と、クリエイティブユニット「EBS_KZ Inc.」(エビスカズインク)を結成。役割分担は蛭子がクリエイティブ全般、一郎氏が音響を担当する。そして蛭子の孫たちがナレーションに挑戦し、親子三代でCMを作り上げた。

 ところが、イベントの途中、ちょっとした出来事が起きた。蛭子は「あれ、(一郎の)娘の名前、なんだっけ……」と孫の名前をど忘れ。「(名前を)覚えきれないし、全然苦手。冷や汗をかいた」とバツが悪そうだった。

「実は、2014年11月に放送された『私の何がイケないの?』(TBS系)に蛭子が出演したとき、物忘れがひどく、孫の名前がややこしくて覚えられないことを明かしていました。そこで緊急検査を行ったところ、健常者と認知症の中間に当たる軽度認知障害(MCI)であることが判明したのです」(テレビ誌記者)

 さすがの蛭子も危機感を覚えたのか、専門家による運動療法などを実践し、MCIの改善に取り組んだ。16年3月に放送された同番組に出演した蛭子は認知機能のチェックを受け、「前回と比べると格段によくなった」と症状が改善したことを医師から告げられていたのだが…。

「ズボラな蛭子さんのことですから、運動療法などを怠って、物忘れが“再発”したのかもしれません。今後、孫の名前ではなく、仕事や大事なことを忘れないか心配ですね」(前出・テレビ誌記者)

 そんな蛭子はこんな言葉を残している。「オレの漫画はそんなに上手ではないし人前で話しても面白いことが言えるわけじゃありません。ただ昔から変わらず、なんとか人に喜んでもらいたいという気持ちだけは忘れなかったつもりです」

 イベントでのウケを見る限り、孫の名前は忘れても、人を喜ばせる気持ちだけは忘れていないようだ。

(石田英明)

Asa-Jo チョイス

  1. 98626

    血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

    血行不良による冷えやむくみ、仕事や家事の疲れによる脚のコリ……。アラサー、アラフォー女性の健康に対する悩みは尽きませんよね。そこで、同じような悩みを抱える30代のライターである私が、身も心も“キレイ”になるための方法を考 … 続きを読む 血行改善の定番・足裏シート『ボタニリッチ』を30代ライターが試して感じた“ホント”のこと

  2. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

  3. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

注目キーワード

ランキング