吉岡里帆主演「きみが心に棲みついた」に“不愉快”の声が殺到したワケ

 女優の吉岡里帆にとって連続ドラマ初主演作「きみが心に棲みついた」(TBS系)が1月16日、スタートした。初回の平均視聴率は9.4%とまずまずの滑り出し。と言いたいところだが、視聴者からは厳しい意見が多く上がっている。

 番組への感想を抜粋すると「人生で初めて気持ちの悪いドラマに出会いました」「見ていて不愉快」「心がどんよりした」「胸糞悪い」「ダメ、吐きそう」など、拒否反応を示す意見が殺到。番組の公式サイトには「桐谷健太、向井理とともに描く三角関係ラブストーリーは《キュン》のドキドキと《ゾクッ》のドキドキが共存する新感覚ラブストーリー!」とあることから、キュンドキ恋物語を期待していた視聴者も多かったようだが、見事なまでに裏切られた形だ。

 向井演じる星名漣はゾクッとするDV男で支配欲も強い。そんな星名に恋をし、恋人同士になってしまったがゆえに、彼の呪縛から逃れられずに悩む小川今日子(吉岡)。そんな今日子が誠実な吉崎幸次郎(桐谷)と出会うことで、自分を変えようとするのだが…。

 星名のDVが、とにかく執拗で怖い。向井ファンからは「コワすぎる」「闇向井の鑑賞ドラマっぽい」「どうしてこんな役、引き受けちゃったの?」などと悲鳴が上がったほどだ。

 テレビ誌ライターも「“あなそれ”の東出昌大を超えるゲスキャラになりそう」と驚く。

「星名のセリフはここで言うのも憚られるような、罵詈雑言のオンパレード。予備知識なく見た人はちょっとキツかったでしょうね。主演の吉岡は雑誌のインタビューで『現場では何があっても心折れることなく、まっすぐに立ち続けていたい』と語っていましたが、こうした反応に対する心構えだったのかも。制作側はしてやったりなのかもしれませんが」

 メンタルを削られて離脱する視聴者が出ないことを願うばかりだ。

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング