人事評価にも影響が!?飲み会でやりがちなNG行動とは?

 若者の飲み会離れが進んでいるといわれており、それにともなって「酒席でのマナーなんて知らない!」なんて人も多いのではないでしょうか。でも、飲み会といっても、会社の飲み会であれば仕事の一環。思わぬNG行動をしないように注意したいものです。

 とくに、飲み会ではやってはいけない“返し方”があります。例えば、ビジネスコミュニケーション コンサルティング編集「すごい飲み会!: 飲み会をビジネスチャンスに変える70の方法」(西東社刊)では、「私、お酒とか全然飲めないんで」と端の席に座ったり、「あ、ビールでいいです」などと言ったりするのはNGだとか。飲み会といっても、仕事の場合はただお酒を飲むのが目的ではないので、たとえ飲めなくても、乾杯時にグラスに口をつけるくらいは付き合うのがマナーなんだそうですよ。

 そして、上司や目上の人がいるのであれば、「ビールでお願いします」「同じものをお願いします」などと、“お願いする気持ち”を込めるといいそうですよ。

 また、セミナー講師の箱田忠昭さんの著書「仕事にいかす!雑談力トレーニング」(Pan Rolling Inc刊)では、同期の飲み会で会社の不満大会が勃発したときの対処法が紹介されています。それによると、周りに上司や上司の知り合いがいるかもしれない飲み屋さんの場合、不満話に小声で乗るのはNGだとか。同期たちが「何を遠慮しているの?」と不快に感じてしまいますし、とはいえ、大声で会社の不満話を話すわけにもいきません。ここは、話しをさっと終わらせ、決して乗らないのが正解のようです。そのとき、その不満や悪口を否定せず「どこも似たようなものだよね。ところで…」とつなげるのがベストなのだそうですよ。

 飲み会のちょっとした行動で、周りからの評価が下がるのは避けたいところ。「なんでそんなことまで…」と思わず、最低限のマナーは身につけたいものです。

Asa-Jo チョイス

  1. 115056

    評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

    長引くコロナ禍で、気軽に旅行や外食などに行くのが困難になり、テレワークを導入する企業も増加の一途。出退勤やレジャーの時間が丸ごと消し飛んだことで、急に生まれたのが余暇時間やスキマ時間です。この時間を有効活用すべく、料理や … 続きを読む 評判のSARAスクールジャパンに聞いた!「心理カウンセラー」の資格がいま大人気の理由とは?

  2. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  3. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

注目キーワード

ランキング