元NHK・登坂淳一アナをフジテレビが“後押し”する理由

 4月15日に放送された「ワイドナショー」(フジテレビ系)に、元NHKアナウンサーだった登坂淳一が出演。報道新番組「プライムニュース イブニング」(フジテレビ系)を放送開始前に降板したことを改めて謝罪するとともに、降板のキッカケとなった性的ハラスメント疑惑について初めてテレビで語り、話題を呼んでいる。

「番組の冒頭から松本人志に『麿って呼んでいいですか?それとも下り坂さん?』とイジられ、本人も苦笑いしていました。騒動については北海道の夕方の番組で旭川に行き、番組の打ち上げの2次会でハラスメント行為に及んだ事実を認め、謝罪の上、相手の女性と和解済みであることも主張していました」(芸能ライター)

 登坂アナは、4月10日発売の「婦人公論」でインタビューに応えて、〈お許しをいただけるのなら、もう一度自分にできることを探しながらやっていきたい〉と語っている。これを受けて4月16日発売の「週刊現代」では、「ワイドナショー」出演を“みそぎ”とし、登坂アナが所属した大手芸能事務所・ホリプロに対するフジテレビの思惑を指摘する。

「フジテレビのドラマは苦戦を強いられていて、主演作がコケようものなら“低視聴率役者”のレッテルまで貼られてしまう。『週刊現代』によれば、そんな事情から『月9』でさえキャスティングに難航しているようです。そこで、登坂アナの復帰を後押しする代わりに、綾瀬はるかや深田恭子、石原さとみといった同じホリプロに所属する人気女優に出演してもらおうという目論見があるのだとか」(前出・芸能ライター)

 当の登坂アナは、「ワイドナショー」で「どんなジャンルにも挑戦しようと思っている」とコメント。本人は、虎視眈々と復帰を狙っているようだが…。

「全盛期の、みのもんたのような人気と実力があれば、少々難があっても使いたいと考える番組も出て来るでしょうが、『ワイドナショー』を見ている限り、スポンサー問題もあり、MC起用はなかなか難しいでしょうね」(前出・スポーツ紙デスク)

 復活への道は、前途多難のようだ。

(窪田史朗)

Asa-Jo チョイス

  1. 214856

    家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

    家計管理や山積するレシート・書類の保管、子どもの園・学校や習いごとのお便りなど、さばくべき事務作業に追われて、机の上が片付かなかったり作業に時間がかかったりしていませんか? 次のような“お助けアイテム”を活用すれば、時短 … 続きを読む 家庭の事務作業がラクになる“お助けアイテム”3選

  2. 214841

    【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

    「汚れ物はなんでも洗濯機にポイポイ~」ではあるけれど、たとえ洗濯用ネットに入れても洗濯機で洗っちゃったら後が怖いものって、女性の場合結構ありますよね。例えば、シルクやレースなど素材が繊細なものとか、型崩れが怖いものとか。 … 続きを読む 【3COINS】これくらいがちょうどいい!「ミニピンチハンガー」が重宝する理由とは

  3. 214813

    子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

    子どもと一緒に「風船遊び」。でも、風船を膨らませたらポンポン投げ合って、しばらくすると飽きて放置……。そんなことにしたくはないし、「もっと楽しい遊び方ってないのかな……」と思うことはありませんか? そんなときは、いつもと … 続きを読む 子どもと一緒に体を動かす「風船遊び」3選

注目キーワード

ランキング