さまぁ~ず三村が「性的ハラスメント問題」に苦言を呈し失笑買う

 まさに明日は我が身という言葉がぴったりだろう。

 さまぁ~ずの三村マサカズが4月23日に自身のツイッターを更新。テレビ朝日の女性記者が財務省の福田淳一事務次官から性的ハラスメント被害を受けていた問題が連日ワイドショーで取り上げられているが、三村もこの問題について言及している。

 三村は「触れられないぐらい過熱しています。女性が嫌な思いをしています」と、ツイート。続けて、「でもパワハラが大部分入っている案件な気がします。全てに笑いが入ってない。そこにも問題点が。。。パワハラは、最悪です。。。」と、ハラスメント行為は許されないと主張。その後の投稿では、三村のMCベタにゲストがツッコムようなセリフをスタッフから面白半分に台本に入れられ、先輩ゲストによるイジリの餌食になっていたことも明かし、「私も昔。MCハラを受けました」と、自身もハラスメント被害者であったと告白している。

 ところがそんな三村の真面目なツイートに対し、ネット上には「あなたがこの問題を斬らないでください」「アイドルの胸触ってましたよね」「三村さんに触られて顔で笑っていても、心で泣いている女性も多いはず」といったコメントが寄せられている。

「女性共演者にセクハラと受け止められても仕方ない行動を幾度となくとってきた三村ですから、やはりこの問題を語っていることにはツッコミたくなりますよね。元アイドリング!!!メンバーの谷澤恵里香の胸を普通に揉んでしまうという極端なものを含め、ネット上には三村がこれまでにはたらいたセクハラ行動をまとめたものまで存在するほど。

 ただ三村の場合は陰湿なものでなく、相手との信頼関係のもとで番組の中で堂々と行っていることでお目こぼしされているところがある。とはいえ『モヤモヤさまぁ~ず2』(テレビ東京系)のアシスタントは芸能人ではなく局アナですから、事務次官騒動と同じような展開にならないとは言い切れないため、控えた方が身のためでしょう」(エンタメ誌ライター)

 セクハラは被害者が不快に感じているかが大きなポイントになるだけに、三村も今後も芸風を変えずに女性共演者と接していくのであれば、手を出して大丈夫な相手なのかをしっかり見極めることが何よりも大事なだろう。

(田中康)

Asa-Jo チョイス

  1. 110249

    マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

    ニューノーマルな生活が始まってはや1年。マスク着用があたりまえになった今、女性にとって悩ましいのは「メイクどうする?」問題。というのも、ステイホーム時間が増えると「マスクで顔が隠れるし、眉毛と目元だけどうにかすればいいよ … 続きを読む マスク時代のベースメイクはクッションファンデが主役に

  2. 107379

    マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

    マスク生活や在宅での仕事がニューノーマルとなった今、新たな課題となっているのがおうちでの“ヘルスケア”。中でも「人に会う機会が減った」「マスクを外すことがない」などで、オーラルケアがおざなりになっていませんか? このまま … 続きを読む マスクの下、ヤバくない? 今すぐできるオーラルケアで“笑顔美人”に!

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング