2018/06/03 18:14

子どもを叱るときのコツ

 悪いことは、きっぱりと伝える。当たり前のことですが、上手に行わないと、子どもとの信頼関係が崩れてしまうことがあります。ですから、子どもが「よし、次からは同じ失敗をしないようにしよう!」と思えるような伝え方をしたいものですね。そこで、子どもを叱るときのポイントを紹介していきましょう。

■「いつまでも長く叱らない」が鉄則

 1回の叱る時間が長ければ長いほど、子どもにとっては“いや”な時間になってしまいます。とくに、“過去のことも一緒に叱る”ことは避けましょう。叱られたことだけは鮮明に心に刻まれますが、どのことについて叱られているのかが残らなくなってしまいます。今起こったことの問題点をはっきり・分かりやすく伝え、今後はどうすべきか・どうして欲しいのか、何を考えて行動して欲しいのかを伝えましょう。

 あれこれおまけをつけて長く叱ってしまうのを防ぐには、「また」という言葉を使わないのがよいでしょう。「またできなかったの?」「どうしてまた同じことを…」などと、過去の失敗まで掘り返すことになるからです。

■人格を否定しない

「だから、あなたはダメなのよ」などの叱り方は、してしまった行為ではなく、自分自身を否定されていると感じる場合も。それも大好きなお母さんからとなると、「ぼく・わたしは大切にされていない」「お母さんにとって誇らしい子どもじゃないんだ」「どうせダメなんだから、仕方ないじゃないか!」などというふうに、意識が改善から遠ざかってしまいます。大人でも、自分自身を否定されることは嫌なことですよね。子どもであっても一人の人間として考え、相手の気持ちを思いやりましょう。

■子どもの言い分を「聞く」時間をつくる

 よく叱られる内容だとしても、「今回は理由があって仕方なかったのに…」と、子どもなりの言い分があるかもしれません。一方的に叱るのではなく、どんな経緯でその行為に至ったのか、子どもの気持ちを聞いてあげましょう。自分を受け入れてもらえると感じるからこそ、人は相手の言うことを取り入れようと思うのです。否定され続ければ、子どもは耳や口を閉ざしてしまいます。子どもが「黙って聞いてやり過ごそう」と思ってしまえば、叱ることの意味がないものになってしまいます。「大切に思っているからこそ叱る」ということが、子どもに伝わるように工夫していきたいですね。

Asa-Jo チョイス

  1. 96122

    寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

    女性も30代40代になると、仕事やプライベートのことなど悩みは尽きませんよね。とくにカラダのこと。といっても美容面だけではなく、むしろ年齢的には健康面に気を付けたいものです。仕事が終わって帰宅、あるいは家事を終わらせて一 … 続きを読む 寝ている間に血行改善!?『ボタニリッチ』の“おうちケア”効果とは?

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング