2018/08/11 10:14

怒るだけのママはもう卒業!?子どもに“確実”に伝わる話し方のコツ

「どうして何度言ってもわからないの!?」

 大切なことだから繰り返し子どもには伝えているのに、どうしてわかってくれないのかとイライラしてしまうことがありませんか? そんなときは“大人側の伝え方”について、一度振り返ってみることをオススメします。

「整理して話しなさい!」「順番が違うでしょう」

 私たち大人にとってはわかりやすい説明ですが、子どもにとっては「整理したもん…!」「どうして今の順番がダメなの?」と、今後どう変えていったらいいのかわからないままになる場合があります。

「こういうときは、小さい方からにすると簡単だね!」

「四角いのと丸いのがごちゃ混ぜになっているから、グループに分けてからしまおう」

 このように、子どもに何かを伝えるときは抽象的ではなく、“どんなふうに整理するか”“どんな順番にするといいのか”と、具体的な内容を伝えてあげると、理解しやすくなりますよ。

 また、“子どもが聞く姿勢になっていないから伝わらない”というケースもあります。例えば、遊びに没頭している子に大きな声で呼びかけるとき。こちらは「絶対に聞こえているはず。都合が悪いから聞こえなかったふりをしているのでは?」と思いがちですが、本当に全く聞こえていないことも多いです。

 何かに没頭していると、それ以外のことが頭に入らなくなってしまうのが子どもです。近くに寄って肩を叩き、「今から大切なお話をするよ」と向き合って話す。たったこれだけで、「驚くほど子どもが話を聞いてくれるようになった」とのお声をいただくことが多いです。

 そして、“出来たときのフィードバックが必要”です。大人にとっては「出来て当たり前」のことを言っているだけでも、子どもにとっては苦労して初めて成功させたことかもしれません。大好きなお母さんが大切にしていることを実践した結果ですから、出来たらその場でたっぷり認めてあげましょう。

「頑張ったね!」「しっかり覚えていたね!」「すごい!ママ、うれしいなぁ」

 こんなふうに、ママからのフィードバックがあるだけで、子どもも「やってよかった」「次も頑張ろう」という意識が芽生えてくるものです。

「子どもがわかってくれないな」と思ったら、ぜひ会話の内容を見直し、わかりやすくやってみたくなる伝え方を実践してみてくださいね。

(Nao Kiyota)

Asa-Jo チョイス

  1. 81247

    主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

    ガールズケイリンをご存知ですか? これは、2012年7月に復活した女子選手による競輪競走のこと。女子選手たちの経歴はさまざまで、他のスポーツからの転身組はもちろん、教員、美容師、看護師からモデル、お笑い芸人まで、中には主 … 続きを読む 主婦やママも活躍! 女性アスリートの魅力をスペシャル動画でチェック!

  2. 88597

    外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

    緊急事態宣言が発令され、不要不急の外出が自粛となっている中、「いつもより運動量が減っている……」という人も多いでしょう。そんなときの対策として、“自宅でスクワットをする習慣を持つ”というのも一つの方法です。スクワットは「 … 続きを読む 外出自粛で運動不足に!“自宅でスクワット”のススメ

  3. 89347

    みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

    “おひとりさま”のみなさん! ふと、「寂しい……」って感じることはありませんか?予定もなく部屋にいるとき、友だちが家族のエピソードをSNSなどでアップしたとき、困難なことに直面したとき、そして、人との“絆”が試されている … 続きを読む みんなあなたを求めてる! 寂しさを力に変える「結婚チャンステスト」とは?

注目キーワード

ランキング